加賀 敬章KEISHO KAGA

officeKG

officeKG:加賀 敬章
モットーは「組織にも人にもリスクマネジメントを」。
愛知県生まれ。1982年東海テレビ放送に入社。営業、報道記者、企画開発、総務部長、デジタル推進室長を歴任後、コンプライアンス局長に就任。その後、関連会社取締役に転じ2022年退任。
2011年8月に突如として起こった「ぴーかんテレビ不適切テロップ問題」に遭遇。ローカルメディア問題がソーシャルメディアによって全国的に炎上し、企業活動に多大な影響を受けるところを目の当たりにした。この問題は、どのようにしたら事前に炎上リスクを減らせるのか、影響を少なくできるのかを真剣に考える契機となった。
またデジタル事業とコンプライアンスを推進し、新しい時代のテレビ局に必要なソーシャルメディア・SNSの規程や運用ガイドを新規に制定。グループ内に運用を徹底させた。
現在はテレビ局に長年勤務した経験を活かし、新しいメディアに対応した企業のリスクマネジメントを知る契機になるよう、地元研修機関で毎年SNSリスクマネジメントの研修を続けている。研修担当者からは「時代に即して、コンテンツを毎年リニューアルしてもらっており、受講者からも評判がいい」との感想を得ている。

稼働可能な地域

北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄

資格情報

2級ファイナンシャル・プランニング技能士
ファイナンシャル・プランナー(AFP)
企業危機管理士 
SNSリスクマネジメント検定認定

対応可能なテーマ

得意業界

広告・出版・マスコミ/学校

講師からのメッセージ

ご依頼主や受講生全員の「転ばぬ先の杖」になりたい―。 「組織にも人にもリスクマネジメントを!」をモットーにして、組織にも受講生の人生にも有用な研修講演を行っております。私は、テレビ局でコンプライアンス責任者を長く務め、最終的にはコンプライアンス局長に就任いたしました。これによりコンプライアンス業務を通して現代のリスクマネジメントの実務を磨きました。一方、ファイナンシャル・プランナーAFPも取得しており、これらの経験と資格を基盤に、受講者の皆様に「気づき」のある研修講演を続けています。

加賀 敬章

職務経歴

1982年東海テレビ放送(フジテレビ系 本社名古屋市)に入社以来、営業、報道記者、企画開発、総務、デジタル推進、コンプライアンス推進に従事。放送事業にかかわるほとんどの中心業務を経験、特にデジタル新規事業プロデュースとコンプライアンス面で活躍し、会社業務の攻守両面において貢献した。定年退職後、関係会社取締役に転じ、プロデューサー・ディレクターのトップとして、課題解決を通して事業拡大に貢献した。
1982年4月~2018年10月 東海テレビ放送(株)
2018年11月~2022年6月(株)東海テレビプロダクション 取締役

研修実績

2015年~現在 (一社)中部産業連盟「ヤングエグゼクティブフォーラム」にて「新しいリスクマネジメント」(企業のソーシャルメディアリスクマネジメント研修)レギュラー講演(参加者 毎年15名)
2018年 物流会社(愛知・一宮市)にてSNSリスクマネジメント研修講演(参加者150名)

お客様の声

研修企画担当者「最近注目されている、SNS炎上に対しての企業リスクマネジメントを毎年お願いしているが、軸は同じでも毎年内容を進化していただいているので、助かっている。また、炎上時の会社内の模様を隠さずお答えいただいており、受講者からも評判がいい。」

この講師の研修この講師について問い合わせるMy Training

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png