経営「経営の方向性を明確化する経営層向け研修」とは?

「経営」とは

「経営の方向性を明確化する経営層向け研修」とは、経営者として従業員やステークホルダーに対し、明確な戦略を打ち出し、信頼を得るという事に尽きます。

 

ドラッカーも、企業経営に関する最初の著作「Concept of the Corporation」で、われわれの研究は、企業の本質と目的を経済的業績や公式上のルールの視点ではなく、企業内の人の関係、および企業と市民との関係で捉えるとしています。

 

ステークホルダーの信頼を得るための経営の方向性で重要なことは事業の目的を明確化することです。

事業の目的を明確化することで、おのずとやりたいこと、やるべきことが見えてきます。

 

また、経営の方向性を従業員に明確に伝えることで、企業全体が同じ目的に向かって活動できます。

それがまた企業体制の強化につながり、より具体的に正しい経営判断につながります。

注目される背景

現代は、情報過多の時代でもあります。

情報が様々なところからいつでもどこでも安易に入手できるため消費者ニーズの多様化が進み、社会全体の事業もより細分化されてきています。

 

企業は、取り巻く社会情勢の状況変化の中で、絶えずその見直しを進める必要があります。

グローバル競争環境や大企業と中小企業の格差拡大など、経営環境は常に変化し続けています。

その中で、自社の組織や文化を念頭に置き、全体を捉え課題を見つけ即座に対応していくこと。

また、臨機応変に経営状況を見極め、迅速な対応策や戦略を打ち出していく必要があります。

                       

参加者のこんな課題を解決します!


  • 時代の流れに応じた柔軟な考え方を取り入れたい

  • 社員と共有できる経営目標・企業理念を掲げたい

  • 景気や業績に左右されない一貫した経営指針を持ちたい

  • 自社のあるべき姿を具体的指標の計画に表したい

  • 優秀な人材の定着化を図りたい

  • 後継者を育てたい

                       

研修を通して学べること

・経営に必要な論理的・戦略的思考

急速に変化する社会情勢で、自ら判断するのに必要な論理的・戦略的思考の重要性が求められています。

戦略的思考とは、結末を見据えて目標を立て行動するための思考といえます。

これを習得すると、問題を発見し論理的に分析し、問題解決能力を高めることができます。

・社会的価値の高い経営理念

本質を理解している企業は、本業を通じた社会への価値貢献を重視し、決して利益だけを追求しません。

本業で成長し、雇用を創出、利益を上げ納税するという一連の流れをバランス良く配分できる事で、社会的責務が果たせます。

・経営者に求められる資質

松下幸之助氏は、経営者の資質で最も大切な能力は「経営理念」であると語っています。

経営者は、自分なり明確な経営理念を持っていることが大切です。

また、自社の従業員の意見を柔軟に取り入れて行くことこそ、これからの時代の経営者に求められる資質といえ、研修ではその資質を学ぶことができます。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png