離職防止

「離職防止」とは

採用市場は近年は概ね「売り手市場」で推移しており、就職しようとする学生の数が少ない状況が続いています。

一方で、せっかく採用してもすぐに辞めてしまう若手社員も多く存在します。3年で3割近い社員が離職する事態が何年も続いており、こうした事態を食いとめる事が大きな課題となっております。

注目される背景

終身雇用制が崩壊した現在、入社した社員が辞めてしまうリスクは大きくなっています。将来の組織のリーダーとして期待した人材が簡単に退職してしまっては、苦労して採用したことが無駄になってしまいます。退職しないようにするための取り組みは、不可欠なものになってきているのです。

こんな課題を解決します

近年では、入社して1年以内に責任ある仕事を任せる組織も増えてきています。期待をかけて経験を幅広く積ませて、将来の経営を担う人材として必要な知識やスキルを、仕事を通して身につけさせようとしているわけです。責任の大きさにプレッシャーを感じて押しつぶされてしまわないように、定期的にケアすることも忘れてはいけません。

必要とされる力

明確なキャリアパスが描ける組織は、入社希望の学生が増加し、早期離職を減少させます。

社員が組織内でキャリアパスを描けるようにするためには、3割が退職すると言われる入社3年以内の段階で、どのような育成プランがあるのかを明確に示す必要があります。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png