藤本 邦之KUNIYUKI FUJIMOTO

有限会社オーバルマネジメント

研修講師になって25年目です。もともとマネジメント診断(アセスメント)とマネジメント力向上に狙いを定めてやってきました。そのプロセスでマネジメントを要素に細分化したリーダーシップ、意思決定、問題解決などに取り組み、また、お客さまから要望を受けて人事考課者研修及びその周辺に手を広げてきました。採用面接の仕方やクレーム応対というところにも大きく関わらせて頂き、関わったものではどれもオリジナルテキストや演習を持っています。研修講師としての特徴はテキストや演習をすべて自分で作ってきたということです。テキストは「研修後に読み返してもらうとより一層わかる」をコンセプトにインフォマップ法を活用した見開きで一項目を終える認知しやすい構造を持っています。まとめますと、マネジメント能力のアセスメントが表芸、裏芸として各種の能力開発トレーニングを行っています。アセッサー養成は何度も経験があり、講師を育てるスキルもありますので、今後は各種プログラムの内製化支援を行い、より研修、教育訓練を身近なものとする一助を行っていきたいと考えています。

稼働可能な地域

北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄

認定の有無

上級認定

資格情報

アセスメントセンターメソッドアセッサー養成コース終了
DiSCインストラクター

得意業界

インフラ(鉄道・航空・運輸)/自動車・機械 /エネルギー・資源

講師からのメッセージ

研修については「近未来の事前体験」と定義して運営に当たっています。近い将来に予測されることを体験し備えを養っておくのが研修の役割であるという考えです。経験の浅いことだけど将来には必要とされることを学び習得を図るのが研修なので、受講者がギクシャクするのは当たり前というか当然であり、その収拾を図りつつ学びを得てもらうように努めるのが研修講師であろうと思います。

藤本 邦之

職務経歴

1981年アルプス電気株式会社(現、アルプスアルパイン株式会社)電子部品営業、労働委員会(組合)支部執行委員長など  
1992年ソニー生命保険株式会社ライフプランナー   
1993年株式会社マネジメントサービスセンター営業職、管理職、研修講師   
2000年有限会社オーバルマネジメント設立 今日に至る。

研修実績

主たる取り扱い領域がマネジメント、アセスメント、能力開発、人事考課といったところなので、業種や業界による得手不得手はありません。ただ、どの会社にも社風というものはあるので、実施前に良く打ち合わせさせていただきようにはしています。
業種業態に偏り少なく、管理職前の主任層から取締役までの階層が主体
・通信会社およびその周辺、関連会社 ・飲料包装会社及び周辺会社 ・移動体通信会社およびその周辺会社 ・輸送機器製造会社 ・鉄道会社 ・エネルギー供給会社およびその周辺会社 ・公共機関 ・ファイナンス会社 ・製薬会社 ・情報システム会社 ・金属製造会社 ・商業 ・商社 ・電機製造 ・金融 ・その他製造業 など多数

お客様の声

リピート率は多少自慢できるレベルです。お客さまの声というのは今まで集めるように頼んでいないのですが、「この研修をしてください」と言われることが多く、バラエティーの拡大に役立ってきました。

この講師の研修この講師について問い合わせるMy Training

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png