健康マネジメント健康マネジメントとは

「健康マネジメント」とは

「健康マネジメント」とは、経済産業省が推進している「健康経営」の元にもなる考え方です。「健康経営」は、従業員の健康管理を経営課題として、健康推進を「コスト」ではなく「将来への投資」とし、個人の健康増進を企業の業績向上に繋げる考え方です。さらに、コロナ禍で、従業員の健康管理の重要度は増し、今一層注目を集めています。
従業員一人一人が行う健康管理=健康マネジメントは、ビジネスパーソン誰もが必要なスキルです。コロナ禍をきっかけに、従業員個人も「健康とはまずは自分で気をつけること」という意識の変化が起こり、体調管理への関心が大きくなっています。
健康な心身だからこそ、仕事のパフォーマンスが上がり成果を上げることができます。それが企業の業績向上「健康経営」につながるのです。

今、「健康マネジメント」が求められる背景

仕事で、理解・協力者を得るための行動は、スキル以前に、体力とストレスフリーの前向きな気持ちが必要です。共感や説明説得方法はわかっていても、疲れている、ストレスでイライラしている不健康時には、実行が難しいからです。健康管理のための3大ポイント、『食事』による“効果的なエネルギーチャージ”、『運動』による“体質改善”、そして『コミュニケーションスキル』による“ストレスフリー(職場のストレス最大要因である人間関係改善)”習得が、コロナ禍で求められている“免疫力”向上にもつながります。

                       

健康に関するよくあるお悩み

・疲れが抜けず、職場でイライラしたり、ネガティブ思考になり、人間関係がうまくいかない
・疲れて、業務効率が落ちていると感じる
・体力がなく、がんばりがきかない
・言いたいことが言えずストレスがたまり、仕事意欲もわかない
・健康管理が大事だとわかっていても、続かない、時間がない、大変そうで、先延ばしにしている
多くのビジネスパーソンが、肉体的にも人間関係ストレスでも、疲れています。リモートワークによる新たな“疲れ”も増す中、仕事成果が上がらない状況です。健康管理が必要だとわかっていても、忙しく、取り組めていない現状もあります。
                       

必要なのは「実行できる具体策と、続けられるコツ」

「疲れをとる時間がない」からこそ、1歩進めた「疲れがたまらない、残らない」⇒『「疲れにくい」カラダをつくる』実践方法を明確化すること必要です。忙しいビジネスパーソンがやる気になり、続けられるコツを、『運動・食事・ストレスフリーのコミュニケーション』という幅広い要素で習得することで、健康マネジメントが実現します。免疫力を高め、元気に、楽しく、仕事成果を上げていくスキルが、注目されています。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png