外国籍社員外国籍社員の活躍を促す外国人活用プロジェクト

「外国籍社員」とは

外国籍社員の採用に積極的な日本企業が増えるなかで、
ともに働く社員同士の相互理解を深めることが求められています。

言語や国籍、文化の違いを超えて歩み寄ることで、
内面的な一体感を高めて互いに働きやすい環境を整えることに繋がります。

常にめまぐるしく変化する時代の中で、働きやすい環境を醸成することは、
考え方のマンネリ化を防ぎ仕事への意欲を向上させ、企業が変化に速やかに対応し
成長を持続させるために必要なことと考えられます。

企業が積極的に環境を整えて外国籍社員の活躍を促すことで、
新たな価値を持ったプロダクトの創造を促し、国内だけでなく世界に通用する事業展開の可能性を秘めています。


世界に向けた事業展開を検討することも、多様で優秀な外国人材をうまく活用するための
具体的なプロジェクト例として考えられます。

注目される背景

常に複雑に変化し続け「VUCAの時代」といわれる現代社会において、柔軟で多様性のある企業組織の構築は世界と競争していくうえで必要不可欠です。

更に、多岐にわたる教育及びビジネス経験を経てきた外国籍社員の存在は、組織の多様性を促進する効果があると考えられています。

激動するビジネス環境の中でも、特に変化の激しいIT業界では、大学などの高等教育機関で高度な専門教育を受けた外国籍社員が外国語のスキルを発揮して組織へ貢献することを期待されています。

たとえ日本では聞きなれない大学名や企業名であっても、調べてみると世界トップクラスの実力を有しているケースは多くあり、魅力的な労働環境を構築することで、成長意欲が高い優秀な若手人材を発掘できる可能性が高まります。

そして母国の言語や文化に詳しい外国籍社員の存在は、母国との架け橋(ブリッジ要員)となりうることにも大きな期待を寄せることができます。

                       

参加者のこんな課題を解決します!


  • 日本の価値観を外国籍社員に押し付けてしまいがち…。

  • 異なる商習慣や文化への戸惑いから本来のパフォーマンスが発揮できない。

  • 社員同士の相互理解が深まらず外国人社員が孤立してしまう。

  • 働き方やキャリアに対する考え方の違いから優秀な人材が企業に定着しない。

  • 外国籍社員を通じて海外事業の展開を進めたい。

                       

研修を通して学べること

外国籍社員の活用を促すためには、実現にあたっての課題の整理と企業の現状に合った対策が必要になります。例えば、下記のような課題について、研修を通じて学びを深めます。

・現状の業務と将来的なキャリアのギャップを埋める。

一般的に外国籍社員は高い成長意欲を持っていることが多くキャリア観が短期間で変わるため、現在の担当業務と本人が希望するキャリアとのギャップを埋める工夫が求められます。

・長期的なキャリア構築の支援をする。

長期的に企業で活躍してもらうため、将来的なキャリア構築について考える時間やワークショップを設けるといった対応が考えられます。

・外国籍社員を雇用する上で生じる課題点を把握し整理する。

外国籍社員にその能力を十分に発揮してもらうためには、企業による在留資格取得や社会保険加入などのサポートが求められます。このような課題は複雑で全体像が見えにくいことを企業側は理解する必要があります。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png