ダイバーシティ&インクルージョン

「ダイバーシティ&インクルージョン」とは

ダイバーシティ(diversity)とは日本語で「多様性」という意味です。ビジネスにおける多様性には、性別・年齢・国籍・学歴といった一般的な分類で表すことができる「属性」の他に、その人が持つ価値観や経験・能力、その人を特徴づけている性質や性格といった「個性」があります。インクルージョン(inclusion)とは、「包括・包含」という意味です。多様な属性や個性を持つ全ての人の、それぞれの価値観や考え方、経験や能力が活かされ、組織の成長に貢献できている状態こそが「ダイバーシティ&インクルージョン」です。

注目される背景

VUCAの時代、めまぐるしく変化し先が予測できないビジネス環境の中で企業は経営をしていかなければなりません。変化に速やかに対応し企業が持続して成長していくために、これまでの経験にだけ頼るのではなく、新たな発想を持った多様な人材が求められています。
また、少子高齢化による労働力不足を背景に、女性、高齢者、外国人、障がい者など、働く人材の多様化が一層進んできています。これまで多くの企業が健康な日本人男性を主な対象として整備してきた各種制度を見直し、働く人の多様性に対応できる仕組みづくりが求められています。
 ダイバーシティ&インクルージョンを実現し、企業の持続的な成長と働く個人に幸せをもたらすためのマネジメント、「経営戦略としてのダイバーシティマネジメント」の必要性、重要性が高まっています。

                       

ダイバーシティマネジメントによる効果

・人材の採用と定着
人材構成が多様化することで、採用の属性が広がり拡大した対象母数から企業の求める優秀な人材を採用することが可能となり、また、人材の多様性に対応したマネジメンが行われることで、働きやすい環境が整備され人材の定着にもつながります。

・新たな価値を生み出す力の強化、ビジネスチャンスの拡大
多様な人材の発想や感性が活かされ、前例や慣習にとらわれず変化に柔軟に対応できることで、イノベーションを生み出す力が高まります。また、発想力、柔軟性が向上することにより、多様化する顧客のニーズ(ビジネスチャンス)にも対応することができます。

・組織の生産性を高める
属性に関わらず仕事に参画し、個性が尊重され能力が活かされる機会が増加することで、社員一人一人の働きがい、モチベーションが向上し、組織全体の生産性も高まります。
                       

「ダイバーシティ&インクルージョン」の実現に必要なこと

・制度の見直し、職場環境の整備
多様な働き方を実現する制度導入とともに、多様な人材・多様な働き方を受け入れ、その力が十分に発揮できる職場環境を作ること

・働くすべての意識改革
ダイバーシティは他人ごとではなく、自分自身も多様な人材の一人であることを認識し、自分の価値観や働きがい、個性について考え意思を持つこと。

・違いを活かす対話力
人は本来多様であることを認め、思い込みを捨て、お互いが持つ多様な考え方を理解し合うための対話力。
・多様な人材が一つになれる組織のミッション・ビジョン
多様な人材が自身の個性をバラバラに活かしているだけでは、組織の成長にはつながらない。多様な人材が方向性を合わせ、一つになれる明確な組織の指針が必要。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png