今すぐできる上手に通訳される七か条 ~日本人が気づかない通訳されて「伝わる言い方」「伝わらない言い方」~(2時間~半日)


こんな課題に対する研修です

経済のグローバル化に加え、日本を訪問する外国人に接触する機会が急増し、通訳が必要になる場面が増えています。しかし一方で、「しゃべれば通訳者は簡単に通訳してくれる」「外国語が話せる人は通訳できる」「スマホでできることに対価を支払う必要はない」など、多くの日本人が通訳について誤解を抱いています。それは外国語が話せない人ほど顕著です。
このプログラムでは、「通訳の現場で起こりがちな問題」「通訳者が現場で考えること」を理解しながら、被通訳者が考慮すべき「日本語表現」「話癖」を見直し、より円滑なコミュニケーションへと導きます。中国語以外の言語にも対応できるメソッドです。

対象者

中国語または外国語で通訳してもらう必要のある方

研修の期待される効果

デフォルト画像

・通訳してもらっても相手とコミュニケーションしづらい、交渉がうまくいかない、通訳者選びの基準がわからない、通訳者が信頼できない…など

デフォルト画像

・通訳者との信頼関係が築ける、通訳者が通訳しやすい日本語表現が理解できる、対象人物とコミュニケーションしやすくなる、交渉などがスムーズになる…など

研修プログラム例

・日本語と中国語の違い
・日本人にありがちな話癖
・通訳しづらい日本語の表現
・通訳される際の非言語表現
・通訳者とのコミュニケーション

ワーク紹介

・映像視聴(サッカー日本代表監督の通訳の鼎談)
・実演「通訳されていると意識して、自社事業を説明してみる」

お客様の声

・確かにオノマトペで通訳が困ってるのはわかりました。自分も英語で苦労したので、通訳がどれだけ労力使ってくれているのか理解できます。たまに日本人のしゃべり方にイライラするので、こういう話を聞いてほしいと思いました。
・自分でも普段どうしゃべっているのか気になりました。客観的に自分の話し方を見直そうと思いました。ほんとうに通訳してくれている秘書のみなさんには感謝です。
・通訳の必要な講演会や会議で「長いな~」と思っていた理由が腑に落ちました。自分が通訳されるときは全体の時間も考慮しながら、コンパクトに話ができるようにしたいです。いいお話しです。

講師からのメッセージ

米村 美樹子

MIKIKO YONEMURA米村 美樹子

中国在住期間中、国際会議や協議で活躍する一線級の通訳の方たちや要職に就いている方の秘書兼通訳の方たちとお付き合いさせていただきました。どの方も全神経を集中し、被通訳者の「耳」「口」として仕事に臨まれています。またそうした通訳者を使われるスピーカーの方ほど、通訳への感謝や配慮を怠りません。しかし残念ながら日本人の多くは通訳者と「通訳されること」に対する認識が低く、それが原因になったトラブルも往々にして発生します。
この研修を通じ、通訳者と被通訳者が互いに配慮し「相手に言いたいことが伝わる」ヒントをご提供させていただければと存じます。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png