女性管理職育成プロジェクト

「女性管理職育成プロジェクト」とは

政府は、2020年までに企業の女性管理職(課長以上)の比率を30%にすることを目標としています。

「管理職以上は男性でなければならないという古い価値観」は徐々になくなってきており、実際に様々な企業で女性管理職が登場しています。活躍著しい人材にスポットライトを当てて、女性管理職の育成を前面に出してPRする企業も増えています。

注目される背景

近年は女性の就業年数が増える傾向にあります。産休や育休を取得した後に復帰する女性社員が増えており、女性社員が管理職となる機会も増加しています。

しかし業界によっては男性の管理職が多く残る組織もあり、市場全体を見てもまだまだ女性管理職の数が少ないのが現状です。

こんな課題を解決します

女性管理職を増やすことだけが目的になってしまうと、育成が不十分のまま昇格することが出てきます。単に数を増やすだけでなく、管理職となるに相応しい能力やスキルを有した女性社員を昇格させる仕組みをつくることが求められています。性別に関係なく、能力やスキルのある人材をどう育成するか、十分に検討する必要があるでしょう。

必要とされる力

女性管理職比率を高めるためには、女性社員が管理職を目指すことを念頭においたキャリアパスを示す必要があります。女性管理職候補者だけでなく、周囲の上司や部下も状況を理解し、お互いにどのような関わり方が出来るのか十分に対話する場をつくるといった、意識改善の取り組みが求められています。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png