健康マネジメント「企業の業績向上につながる健康マネジメント」とは?

「健康マネジメント」とは

「健康マネジメント」とは、経済産業省が推進している「健康経営」の元にもなる考え方です。


社員は、労働安全衛生法等に基づき、会社側から働くときの安全と健康の確保、快適な職場環境を提供されています。

しかし、心の健康状態は、個人の主観的要素であり、第三者からはその本人の健康状態の判断はできず、本人の申告又は他人から「いつもと何かが違う…」という違和感で異常に気づくこともあります。

心や体の異常が見つかれば、会社は本人が病気にならないよう自覚させ、悪化しないよう早めの治療を促し、平常な日常生活に戻り、健康で働き続けることを願っています。

 

健康な心身だからこそ、仕事のパフォーマンスが上がり、成果を上げることができます。

それが企業の業績向上「健康経営」につながるのです。

注目される背景

現代の日本社会で働く人々の約6割の人が強いストレスを感じながら働いています。

その原因(複数回答)として仕事の量や質(約6割)、対人関係(約3割)が(厚生労働省:平成30年労働安全調査)を挙げています。

そもそもストレスの原因のもとは、社会の急速な変化(グローバル化、少子高齢化、新型コロナウイルス蔓延対策での生活や働き方の変化等)技術的な発展(IT化、AI化等)などによると言われています。

ストレスに適切に対処し、メンタルヘルスが不調にならないようにするためには、健康マネジメントを意識し、ストレス解消、職場の環境改善、ワークライフバランス等の方策をとって、社員が健康で働き続けることが必要です。

                       

参加者のこんな課題を解決します!


  • 長時間労働による離職者の増加が増え、社員のモチベーションが下がっている。

  • メンタルヘルスの不調者の増加で休職者が増えている。

  • 社員が疲弊した様子で、職場の雰囲気が暗いと社内外から指摘されている。

  • 社員間のコミュニケーション不足でトラブルが発生しやすい。

  • 過労死等の労災補償の発生が危惧されている。

  • 人手不足により、スキルの継承の不安や業績の悪化が懸念されている。

  • 女性活躍推進を進めたいが、女性社員は非正規雇用で満足している。

  • 求人募集をかけても応募者がいない。

                       

研修を通して学べること

健康経営の重要性を経営者が理解し、職場の環境を改善するには、業務の見直しや職場の環境改善を行うことが大切です。

 

・健康経営の重要性を理解する

健康経営を実践することの重要性や、それによって企業にもたらされるベネフィットを理解することができます。

 

・ストレスの心と身体の関わりを理解する

ストレスが心と身体にどのような影響を及ぼすかを理解します。

 

・健康経営に必要な労働環境を学ぶ

従業員の体と心の健康を守るために、整えるべき労務管理や、職場の環境についてどのような目標に向かってどこに手を入れていいのか、改善点や取り組みの進め方がわかります。

 

・楽しく続けられる「運動・食事・ストレスフリーコミュニケーション」のコツを学ぶ

「疲れをとる時間がない」からこそ「疲れがたまらない、残らない」⇒『「疲れにくい」カラダをつくる』実践方法を明確化すること必要です。

 

研修を通して、従業員の健康が経営に及ぼす影響について理解し、健康経営を健康投資として戦略的に実践するための考え方と推進方法を学びます。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png