キャリア支援「キャリア支援」とは?

「キャリア支援」とは

現在働いている社員の中には、自分がより満足し、充実したキャリアを過ごしたいとの思いで自ら考え行動したい方々もいて、その人たちを支援するのがキャリア支援です。

 

社員には、仕事内容等について多くの不満、悩みや将来に対する不信や不安があります。
日本で働く人々の約6割の人が強いストレスを感じ、その原因(複数回答)として仕事の量や質(約6割)(厚生労働省:平成30年労働安全調査)を挙げています。

 

その不満等をなくし、改善したい人々のキャリアプランを一緒に作成し、目標を達成するために自己啓発や副業などの方策を考え、実行・実現させるのがキャリア支援です。

 

キャリア支援では、自己分析から価値観、強みなどをよく理解し、自己啓発をおこない能力等を高めて、会社に申告することで適切な人員配置や業務改善の参考になります。
職場の活性化が起こり、生産性の向上から利益の向上につながる可能性も高くなります。

注目される背景

現代社会は、急激な社会環境の変化により、現在業績が良好な会社であっても、将来とも安定して業績を上げ続け、存続できる保障はありません。
そのために終身雇用制度による処遇では、会社の将来に不安や心配をもつ若年者層ほど給料などの処遇やジェネラリスト育成のキャリア形成に不満をもっている方が多いと思います。

 

また、その前提として長時間労働や転勤を伴う仕事方法にも疑問を持っています。
そこで、ジョブ型雇用制度を取り入れて、スペシャリストとしての能力基準や仕事範囲を明確化する雇用形態を採用する会社も出てきました。
それに応募したい人を中心に自らキャリア形成を行いたい人がいます。
その人々を支援するためにはキャリア支援が必要です。

 

この支援を受け成長した人々が退職した場合には、副業や請負等の形で会社との関係性を継続しているケースもあります。

                       

参加者のこんな課題を解決します!


  • 相談者との信頼関係構築が難しい。

  • 相談者がなかなか本音をいってくれない。

  • 相談者の意見を受け入れられない。

  • 相談者の離職を心配して、忠告してしまう。

  • 相談者に我慢するよう忠告してしまう。

  • 相談者に支援者の自分が解決するよう忠告してしまう。

                       

研修を通して学べること

現在の自分の仕事内容、仕事の質、処遇や将来に対する不満があった場合には、自分一人で悩み、孤独になり、メンタルヘルスの不調や退職してしまう可能性があります。

誰かがその悩みの相談に応じることが必要です。

 

相談相手になる場合には、相手の意見を否定しない傾聴のスキルが必要で、それを学び、自己肯定感を高め、相手との信頼関係構築が大切です。

 

そして、相談者の自問自答を促す質問のスキルを使って、より深く自分の内面を見つめさせ、なぜ悩んでいるのか、その原因、価値観を具体化させることが大切です。

 

それを解決するためには、リフレーミングなどを使って視点を変える方法で自分には具体的にどんな強みがあるのか発見させ、モチベーションを高め、自分のありたい姿を一緒に求めるキャリア支援の方法を学びます。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

コラム一覧を見る
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png