業務効率化

「業務効率化」とは

・長時間残業の削減
・働き方改革の推進
・有給休暇取得促進

などの労務管理施策が実行される過程で、人材不足の問題も重なり、現場の業務をどう効率的に進めていくか、各職場単位で工夫する必要が出てきています。

注目される背景

少子高齢化、団塊の世代の大量退職などの影響で、各現場で社員の数が減り、社員一人当たりが抱える業務量が全体的に増えています。

今までと同じようなやり方では、社員は疲弊し職場の活動が停滞します。どのようにして効率的に業務を進めていくかを真剣に考えなければならない状況になっているのです。

こんな課題を解決します

業務効率化を推進するには、日々の業務を担う社員の役割が大きいです。管理職ではわからないような業務効率化のポイントも、現場の社員なら十分に理解しています。

しかしながら、職場全体が日々の業務に追われ続けると、余裕がなくなり、効率化を議論できなくなってしまいます。ある程度の時間を確保し、突き詰めて議論する機会を設けることが必要です。

必要とされる力

業務効率化を推進すれば、社員の幸福度が上がります。仕事が楽しくなれば成果もついてきます。

組織の風土や課題に応じて、どのくらいのスピードで業務効率化を推進するか検討する必要がありますが、推進していくことで組織内に余裕と笑顔が生まれると、自然と業務遂行や人材育成にかける時間が短縮化され、業務の効率アップにつながっていくでしょう。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png