気づき力を磨く~行動に変化を起こす秘訣~(1日)


こんな課題に対する研修です

入社3年目以上の社員(若手・中堅)が一緒に集い、個別に業務体験を
振り返り、互いに体験を分かち合いながら、業務に対する意識や姿勢を
改めて、不足している気づき力を磨く訓練をする。
研修後に直ぐになす業務改善案を企画して持ち帰る。気づき力を磨く
演習で行うことは以下。
・業務での役割意識を持ち取組姿勢を改める体験をする。
・物事を捉える視点を高めて視野を広げる思考訓練をする。

対象者

入社3年目以上

研修の期待される効果

デフォルト画像

・業務に対して他人事のように臨み、言われたままに処理をするだけ。
・業務に対して計画なしで臨み、優先順位や重要度を考えすに取り組む。

デフォルト画像

・業務に対して自分事で捉えて臨み、言われないことも考えて実行する。
・業務に対して計画的に臨み、優先順位や重要度を考えながら実行する。

研修プログラム例

午前<学習>
・気づくことの意味を知る。
・業務上での気づきを知る。
(補足)質問と図解の効果を知る。
1.研修へようこそ
2.導入:気づきの状況
  導入:気づきの必要性
3.研修の狙い:業務関連の気づき
4.実際の作業:業務で気づく事柄
       :業務で気づく方法
       :検証の観点
5.演習の準備:現状の実力
       :疑問を持つ
6.自己評価:気づけない理由
7.自己宣言:気づくための態度

午後<演習>
・業務上の気づきを練習する。
・業務上の気づきを実践する。
(補足)質問と図解を実際に使う。
1.気づき演習:構成と活用
2.気づき演習(短文問題)
  :講師が提示
3.気づき演習(長文問題)
  :講師が提示
4.気づき演習(自前問題)
  :受講者が提示
   所属する職場の問題点など
   自前問題の続きを持ち帰る
5.気づき成果:自己宣言
  :午前の宣言と合わせたまとめ

お客様の声

・今まで無頓着だった事柄について意識できるようになることで、視野が広がる感触がつかめた。
・全てを人任せにせずに、考えることからでもいいので、自分のできることを実践したいと思えるようになった。
・「質問」と「図解」で気づき力が倍増する気がする。
・是非とも職場で活用したい。

講師からのメッセージ

福間 宏之

HIROYUKI FUKUMA福間 宏之

能力向上とは、外から能力を身に着けるというよりも、元々内在する能力を引き出し使えるよう整えることだと考えています。そのために、講師として研修参加者に何かを教えることよりも、研修参加者が研修を通して、どのように内発的動機を起こし、どのように自分自身を変えようとしているのかに気を配るようにしています。「愛=eye」を掲げて参加者一人一人をよく見て、その個性を重視して育て、直ぐに成果を出せるような実力を養成できるように心掛けています。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png