新入社員研修「現場で実践できる基礎を徹底する新入社員研修」とは?

「新入社員研修」とは

新入社員研修とは、まず学生と社会人の違いを知り、社会人としての相応しい振る舞い方を学ぶ研修と考えます。

つまりは、社会人としての一歩を踏み出すための非常に重要な学びの機会です。

 

社会人としての責任や基本的な心構えを知るだけでなく、同じ時期に入社した仲間とともに学ぶことで、同期とのコミュニケーションを図ることができます。

同期とのコミュニケーションは、例えば仕事で失敗した時や落ち込んだ時には心の支えとなり、長い社会人人生の宝物ともなります。

 

また、そのほかにも学べるポイントがいくつかあります。

ビジネスマナーをはじめとしたヒューマンスキル

・仕事における基本的なスキル

・傾聴力、話し方

・セルフマネジメント力 など

 

これらを新入社員のうちに学ぶことで、社会人としての自覚を持ち、スムーズに仕事を始めることができます。

注目される背景

新入社員は、企業にとって以下のような存在です。
・新たな発想をもたらしてくれる
・未来を担う存在となる
・先輩社員にスキルアップの機会を与えられる


・その存在によって、先輩社員にいい刺激を与える

企業にとって多くのプラスの要素をもたらすため、育成やマネーメントに時間がかかるとしても企業は新卒採用を毎年行うのです。

すなわち、企業として新入社員にいかに対応するかが、企業の存続そして、明るい未来を確固たるものとするのです。
新入社員研修は、その第一歩であり、企業としての新入社員に対する期待・希望を伝え、新入社員が意欲的に学ぶ環境を提供することで、企業の展望は明るくなります。

また、新入社員同士の絆を深めることによって、仕事で落ち込んだ時にフォローしあうことができ、企業への定着率を向上させることも期待できます。

                       

参加者のこんな課題を解決します!


  • 新たな環境に馴染めるか

  • コミュニケーションを図るのが苦手

  • 同期とうまくやっていけるか

  • 主体的に動いてもらうにはどうしたらいいか

  • 自信過剰な新入社員への対応方法

  • 新入社員の定着率を上げたい

                       

研修を通して学べること

まずは、学生と社会人の違いを知ること。
その上で、社会人として企業や社会に貢献するためにはどのように振る舞うべきか基礎から学びます。


ビジネススキルやコミュニケーションを学ぶことで、人間関係の構築に苦手意識を持たず、スムーズにコミュニケーションを図ることができ、より仕事もしやすくなります。

 

また、ともに学び、絆を深めることで、長い仕事人生の中で立ち止まったり、後ろ向きになってしまいそうな時、叱咤激励できる仲間を得ることができます。



そして、自分自身が興味のあることだけではなく、どんなことにも常にアンテナを張り、積極的に学ぶ姿勢を身に付けることが、仕事に対する新たな展開につながります。

 

社会人としてのスタートがまさに新入社員研修であり、単なる通過儀礼ではなく、実践につながるスキルを習得します。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

コラム一覧を見る
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png