理念浸透

「理念浸透」とは

様々な考え方や価値観を端的に表現したものとして、経営理念やビジョン、バリューがあります。組織の中では最も中心となるものであり、組織運営などで迷った時にはまず立ち返るものです。様々な環境変化が起こる今、理念を大切にしていくことが求められています。

注目される背景

人材の採用や定着が難しいこの時代、組織の理念を外部に明確に発信する必要があります。また、理念自体が明確に社員に伝わらなければ、何を拠り所にして仕事をすればいいかわからなくなり、組織内の人材が定着しない状況を引き起こしてしまいます。

こんな課題を解決します

市場や社会での競争が激しい現在、組織は拠りどころとなるものを認識し、理解する必要があります。
新事業推進や人材の急増など、組織の中で新しい動きが生じた時に立ち返るのが「理念」です。
「理念がしっかりしていれば組織は簡単に衰退しない」
これは創業から長い年月を経て生き残っている企業を見ても明らかです。

必要とされる力

社員が理念を理解することで、組織内で対話が促進され、コミュニケーションが活性化します。共通理解を話し合うことで、理念に対しての想いを伝えあうことになります。

様々な考え方を持っている社員が多様に存在する今の組織には、理念をお互いに確認しあう時間が不可欠です。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png