ダイバーシティ&インクルージョン「ダイバーシティ&インクルージョン」とは?

「ダイバーシティ&インクルージョン」とは

ダイバーシティとは既に皆さんご存じの通り、日本語で「多様性」という意味です。

性別、能力、経験、年齢、学歴、国籍、人種、宗教観、そして考え方の違いなど、人それぞれが持つ価値観も含まれます。

 

ビジネス上では「属性」や「個性」の多様性を職場で活かすという考え方になります。

インクルージョンは「全体をまとめる。包み込み、中に含む」という意味です。

ビジネス上では職場の人々が平等に仕事に参画する機会を持って、それぞれが認められ活かすことができている状態を示します。

 

この考え方が生まれた背景としては、社会的排除をされていたとされる人々(若年層、女性、心身に合理的な配慮が必要な人たちなど)との格差をなくそう、特性を活かしていこうという動きからです。

これまで「インクルージョン」は教育学上で配慮が必要な児童や生徒を含む、ひとりひとりに合った教育機会をという場面で用いられていましたが、近年ではビジネスの世界にも広がりを見せています。

注目される背景

変化や速やかな対応が要求される昨今。

企業が社会の一部として持続して成長していくために、新たな発想や特性、属性を持った多様な人材が求められています。

これまでは働き続けることが難しかった人々の声にも耳を傾け、どのようにすれば働きやすくなるかなど、改善していくことが企業の発展にも必要となります。

 

終身雇用が前提で、健康な日本人男性を主としていた各種制度を大きく見直し、働く人の多様性に対応できる仕組みづくりが求められています。

2020年4月1日に改正された「障害者雇用促進法」では、「事業主に対する給付制度」と「優良事業主としての認定制度の創設」の2つが新たに盛り込まれました。

よって、ダイバーシティ&インクルージョンの実施で求められる対応などを学び、実践していく必要があります。

                       

こんな課題を解決します!


  • 身体に障がいのある人材を採用、どのような配慮が必要かまだわからない

  • 時短勤務の従業員から、働きづらいとの申し出があった

  • マタニティハラスメント、パワーハラスメントが問題になっている

  • ブランクがあり職務経験が短いが、伸びしろがあるのでその能力を活用したい

  • 外国人雇用が初めてで、手続きなど基本的なことが知りたい

  • 発達障害の診断を受けた従業員が、働きやすい職場づくりをしたい

  • 自身の健康問題や、家族の介護の必要がある従業員が、負担なく働けるようにしたい

                       

研修を通して学べること

ダイバーシティ&インクルージョンの効果的な実施方法を学ぶことで、人材採用の活性化や、職場環境の改善、社会的役割の実現につながります。

 

・新たな可能性のある人材の採用

・人材の多様性に対応したマネジメントのノウハウの蓄積

・誰もが働きやすい環境が整備され、人材が定着

・新たな価値を生み出す力の強化、ビジネスチャンスの拡大

・変化に柔軟に対応でき、イノベーションを生み出す力がアップ

・働きがい、モチベーションが向上し、組織の生産性が高まる

・制度の見直し、職場環境の整備のきっかけ

・人は本来多様であることを認めるなど、職場の意識改革

・お互いが持つ多様な考え方を理解し合うための、コミュニケーションスキルの向上

・多様な人材が一つになれる組織のミッションやビジョンの作り方

 

など、研修を通して、これらの総合的な「ダイバーシティ&インクルージョン」についての知識や具体的な対応力を身につけることができます。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png