就職支援「就職支援」とは?

「就職支援」とは

就職支援とは、相談者が満足のいく仕事に就職できるよう支援することです。

「自分の満足する仕事とは何か」「働き方はどうしたいのか」が不明確な段階では、過去の職歴の棚卸を通じて、自分の強みや価値観を共有し、自分が満足する働き方や仕事を明確にできるようサポートします。

その後は、どのようにすれば希望の就職が実現できるのか、応募先の選定、志望動機や自己PRなどの応募書類の作成や面接練習なども行い、就職できるようサポートします。

応募先の選定にあたっては、会社の将来性、企業文化、風土なども一緒に調べ、相談者が納得することが大切です。

就職にあたっては、労働基準法等の法律などの理解や、ビジネスマナー等も理解させ、入社直後のトラブル防止や短期離職がないようサポートします。

さらに、就職支援は、相談者が就職した後も充実して働き続けられることも含みます。

注目される背景

場合によっては、営業不振による給与カットや退職による人員削減を行うなどの対応をして、会社の生き残りをかけることもあります。

そこで、退職者にとって、満足する再就職へつなげるためには、誰かがサポートしてくれる就職支援は必要です。
さらに、最近ではパートナーの転勤や、育児や介護との両立が困難となって、やむを負えず退職を選択する人もいます。
また、人生100年と叫ばれる時代、シニア世代の再就職も課題となっています。


多種多様な人が、次に就職するのにあたっては、再度の働く動機づけや職歴の見直しにより、新たな自分の強みの発見や価値観の見直しが大切です。

今後、ますます将来の予測が困難で激変する時代を迎え、レジリエンスもって自らが新たに主体的に仕事を続けるには、就職支援が注目されています。

                       

参加者のこんな課題を解決します!


  • 就職支援をしたいが、どのようにすればよいのかわからない。

  • 相談者が、何を考えているのかわからない。

  • 相談者との信頼関係構築ができない。

  • 相談者がなかなか気持ちを切り替えて、前向きにならない。

  • 相談者が話す内容を否定してしまう。

  • 相談者に思わず助言してしまう。

                       

研修を通して学べること

就職支援には、まず信頼関係の構築が必要で、傾聴のスキルを学びます。

相手の気持ちに寄り添うマインドで、過去の職歴を振り返りながら強みや価値観を承認し、自己肯定感を上げるスキルを学びます。

これからの就職については、本人が決めることなので、気持ちが前向きになるまで待つマインドスキルを学びます。

今後の進路については、本人の自己分析で、相談者からの自己内省を深める質問力等のスキルを使って、新たな自分のありたい姿を見つける可能性が高いと思います。

新しい進路なので、応募先の選定にあたっては、将来性、処遇などを調べる労働市場調査スキル、面接につながる応募書類の書き方、採用につながる面接スキルや、就労にあたって労働基準法や社会保険をはじめとする法律等の知識や、健康で働き続けるためのストレスコントロールとメンタルヘルスの関係などの知識を得ることができます。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着コラムNew Column

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png