リーダー育成研修 ~リーダーシップを発揮するために身につけるべきこと~(フルで2日間)


こんな課題に対する研修です

人材育成、組織開発
・上司の言いなりになる社員が多く、主体性を持って組織をまとめて欲しい
・部下を引っ張っていけるリーダーがいないので育成したい
・部下をまとめて部署の成果を最大限に上げて欲しい
・企業理念が浸透しておらず、浸透させることで社員を元気にして組織を活性化したい

対象者

今リーダーになって欲しい管理者や社員/次期リーダー候補者

研修の期待される効果

デフォルト画像

・「リーダーって何をすれば良いの?よく聞く言葉だけど何なのか分からないよ」「自分にリーダーが務まるのか?」という不安
・「リーダーになるには何があればなれるの?それを職場でどのように活かすの?」という疑問
・「リーダーなんて辛いだけで何の得にもならないよ」という不満

デフォルト画像

・なぜリーダーになることを求められるのかを理解することで、自職場でリーダーとして活躍できる
・「あるべきリーダー像」や「自部署のビジョン」を作成することで、常にリーダーとして考え方で行動できるようになる
・自分と部下の存在価値を高める方法を学ぶことで、研修後に実践することで存在価値を高めることが出来る

研修プログラム例

1日目
1.リーダーとは
 リーダーの必要性や役割について考えます。グループワークを通して、組織におけるリーダーの重要性に気づきます。最後には、自分がどのようなリーダーになりたいか、どのような部署にしたいかを考えます。
 (1)ディスカッション「なぜリーダーが必要か?」
 (2)講義「リーダーとマネジャーの違い」
 (3)グループワーク&講義「リーダーの役割」
 (4)講義「リーダーとしてすべきこと」
 (5)個人ワーク「どのようなリーダーになりたいか?」
 (6)個人ワーク「自部署のビジョン作成」
2.組織作り
 リーダーの一番の業務は、「自部署ビジョン達成のための組織作り」であることを理解します。良い組織作りを行うためには「信頼関係」と「伝え方」が大切です。信頼関係の築き方、部下との接し方を考えた後で、部下の心に響く伝え方を学びます。
 (1)講義「最高の組織とは」
 (2)ディスカッション&講義「能力を最大限に発揮する環境とは」
 (3)講義「信頼関係の築き方」
 (4)ロープレ「部下に伝わる伝え方」
 (5)講義「組織作りで行う2つのこと(「部下育成」と「成果にこだわる」)」
 (6)問題が起こった時の対応

2日目
3.部下の育成ステップ
 部下の育成について学びます。育成は「業務を任せて、権限委譲を行う」という流れで行うのが効率的であり、それぞれのステップで何をするのかを学び、今の自分の業務に当てはめて考えます。任せ方やフィードバックについてはロールプレイを行い、自部署に戻ってすぐに活用できるようにします。
 (1)講義「業務を任せるステップ」
 (2)個人ワーク「自分の業務の何を任せる」
 (3)講義&ロープレ「効果的なフィードバックの仕方」
 (4)講義「エンパワーメント(権限委譲)の仕方」
4.成果にこだわる
「成果=業務の目的」について考えます。グループワークを通して理解を深めながら、自分の業務の成果について考えます。常に組織で業務の目的を考えることで存在価値を上げていくことを学びます。目的が明確になれば、業務の優先順位付けで何から行うのかを明確にします。
 (1)講義「成果とは何か」
 (2)個人ワーク「業務の目的の明確化」
 (3)講義&個人ワーク「業務の優先順位付け」
 (4)ディスカッション「どのように成果を上げるか?」
5.ビジョン達成の戦略作成
 (1)個人ワーク「戦略の作成」
 (2)個人ワーク「アクションプランの作成」

ワーク紹介

プログラムの各パートでグループワークやロープレを行います。
1日目
「リーダーの重要性」というパートでは、グループワークでリーダーがいないとグループがいかにまとまらないかを体験し、そこからリーダーの重要性を理解する。
また、組織作りの「部下に伝わる伝え方」では、先ほど作成したビジョンを部下に伝えるという設定でロープレを行う。3人1グループでロープレを行うことでフィードバックをしっかり行う。
2日目
「部下の育成ステップ」ではグループワークを通して、どのような環境があれば部下が能力を発揮できるか?動機づいて仕事に取り組むか?を体験する。また、業務を任せる時の任せ方もロープレを通して体験する。
「成果にこだわる」では、自分の業務の目的を明確化し、インバスケットを通して優先順位付けを学ぶ。

お客様の声

・単にリーダーの役割だけではなく、何をするのかが具体的に分かった。また現場に即したロープレなどもあり、自職場で何をすれば良いのかが明確になった。特に良かったのは「部下への仕事の任せ方」。どの業務を任せるかまでをワークで行ったので、職場ですぐに実行する
・どの内容も職場で何をするべきなのかが明確であり、とても良かった。そして何より良かったのは、「なぜ」にこだわった内容であったこと。「なぜリーダーが必要か?」「なぜ組織作りが必要か?」などをディスカッションを通して考えられたので、押しつけではなく自然と理解できる進め方であったのは良かった。このような進め方を自職場でも出来るように、私も成長していく。

講師からのメッセージ

水内 浩秀

HIROHIDE MIZUUCHI水内 浩秀

今はどの会社も世の中から「いかに価値創造をしていくか」が求められています。会社が世の中で生き残っていくためには、リーダーの育成は急務です。しかし多くの管理者や社員は、「リーダーとは何か」を理解しておらず、リーダーの役割を果たせていないのが現状です。
リーダーとはこのようなことをすべきだ、ということを定義付けし、それに沿った内容で進めていきます。個人ワークは自分の業務に当てはめて考えるので、職場に戻った時にすぐに行動に移すことが出来ます。単に理論を学ぶだけではなく、研修後に実践できるプログラムになっています。
貴社でのぜひリーダーを育成し、会社に軸を作りましょう。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png