ウェルビーイング研修 ~今あるリソースに気づき、感謝する~(3時間:調整可能)


こんな課題に対する研修です

近年、「健康経営」が注目されていますが、「健康」には「身体の健康」だけでなく「心の健康」も含まれており、ポジティブ心理学においては、この心身ともに健康である状態を「ウェルビーイング」と呼んでいます。
本研修では、ポジティブ心理学の考え方を活用し、「どうすれば自分が幸せを感じることができるのか」を知るとともに、「今あるリソース」に気づき、感謝することで今の仕事に対するエンゲージメントを高めます。
また、「悪いこと」から「良いこと」へ視点をシフトすることによって、同僚等へのものの見方が変わり、チームワークの強化も図ることができます。

対象者

新人・若手〜管理職/経営者

研修の期待される効果

デフォルト画像

・仕事に対してやる気が出ない。
・ネガティブな気持ちになることが多い。
・今の環境に不満を感じている。
・職場の雰囲気が暗くて社員同士のコミュニケーションが少ない。

デフォルト画像

・自分が何に幸福を感じているのかを知ることで、具体的行動目標が立てやすくなります。
・今あるリソースへの感謝を学びます。
・「悪いこと」から「良いこと」へ視点をシフトさせるスキルを学びます。

研修プログラム例

1.オリエンテーション
  今の自分の幸福度は?
  自分にとっての「幸福」とは?
2.本研修の目的とポジティブ心理学の説明
  「何を感じているか」よりも「何を選んで行動しているか」
  ウェルビーイングとは?
3.ワーク・・・3つの感謝
  24時間以内に起こった「感謝」を3つ書き出す。
  それがなぜ自分にとって「良いこと」なのか考える。
  自分が「何を大切にしているのか」に気づく。
  同僚の「何を大事にしている人なのか」に気づく。
4.まとめ
  「悪いこと探し」から「良いこと探し」の視点へ

ワーク紹介

ポジティブ心理学で特に効果が認められている「3つの感謝」というワークです。

1.24時間以内に起こった「感謝」を3つ書き出す。
2.それがなぜ自分にとって「良いこと」なのか考える。
3.自分が「何を大切にしているのか」に気づく。
4.同僚の「何を大事にしている人なのか」に気づく。

1~4を通して、現在ある自分のリソースに感謝することができ、物事を肯定的に捉えられる視点を身に付けることができます。

お客様の声

ポジティブシンキングに焦点を当てるのではなく、ポジティブエモーションに焦点を当ててみる。じんわり温かい気持ちを味わい、言葉と共にその気持ちを呼び起こす。とても胸に響きました。
「ありがとう」という気持ちになるエピソードを多く持つようにしようと思います。

講師からのメッセージ

黒野 正和

MASAKAZU KURONO黒野 正和

近年、「健康経営」が注目されていますが、「健康」には「身体の健康」だけでなく「心の健康」も含まれており、ポジティブ心理学においては、この心身ともに健康である状態を「ウェルビーイング」と呼んでいます。
本研修では、ポジティブ心理学の考え方を活用し、「どうすれば自分が幸せを感じることができるのか」を知るとともに、「今あるリソース」に気づき、感謝することで今の仕事に対するエンゲージメントを高めます。
また、「悪いこと」から「良いこと」へ視点をシフトすることによって、同僚等へのものの見方が変わり、チームワークの強化も図ることができます。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png