心を動かすブランドを目指そう!「エモーショナル・ブランディング講座」人の心は、効率では動かない。360度ブランドマネジメントを学ぶ。/120分+α

心を動かすブランドを目指そう!「エモーショナル・ブランディング講座」

こんな課題に対する研修です

新しい商品(サービス)ブランドを開発したい、企業ブランドのリニューアルを検討中。競合ブランドとの差別化が難しい、個性的なブランドにしたい、等のニーズがある企業。社内リソースや既存の広告代理店、ブランドコンサルの仕組みを使っても上手く機能しなかったり、十分な手応えが得られなかった企業担当者。逆に、ブランディングに対して十分な社内リソースが確保できない、大手広告代理店やブランドコンサルティング会社に業務委託する資金力がない中小企業経営者に。ブランディング=ブランドを守り(管理)、測り(評価)、育てる(育成)のプロセスを分かりやすく解説するとともに、360度のブランド接点におけるボトルネックの抽出、「エモーショナル・ブランディング」という独自の&科学的アプローチで、心を動かす「らしさ(=ブランドアイデンティティ)」を作り上げていく仕組みを学びます。

対象者

企業(商品)ブランド・マネージャー、経営陣、中小企業経営者、宣伝・広報担当者

研修の期待される効果

デフォルト画像

商品の競争力はあるのに、市場シェアを獲得できない。コミュニケーションコストをかけても、期待したような=相応の成果が出ない。認知度が上がらない。ファンがつかない。固定客・リピート客が少ない。売り上げや利益にムラがある。売り上げは十分だが、薄利だ。コモディティ化した市場で、付加価値戦略は難しい(が、それを目指したい)。ブランドに存在感がない。ブランドイメージが狙いと異なっている。リクルート・求人が上手くいかない。人手不足、離職率が高い。

デフォルト画像

商品力(サービス力)に見合う、もしくはそれ以上の市場シェアを獲得できた。コミュニケーションコストを掛けた相応(以上)の成果が得られた。ファンが増えた。固定客・リピート客が増えた。売上や利益が安定してきた。利益率が向上した。ノーペイドでマスコミやメディアに取り上げられることが増えた。ブランドに存在感が出てきた。ブランドに特定の(期待した)イメージを感じて貰えるようになった。リクルート・求人が好調・順調(入社志望者が増えた)。定職率が 向上・離職率が減少した。社員のモチベーション、愛社精神が向上した。株価が上がった。

研修プログラム例

1)ブランドとブランディング・ブランドの意味と意義、効果とリスク・ブランディング(管理・評価・育成)とは
2)ブランド戦略の構造(PTS)・ブランドポジショニング・ブランドターゲット・ブランドセグメンテーション
3)経営戦略とブランド戦略・一貫性、継続性、革新性・顧客満足度とブランドイメージ
4)自社ブランドを見つめる・ブランドポジショニングMAPによるワーク・ブランドパーソナリティ探索
5)360度ブランドマネジメント・各ブランド接点における担い手の育成・ブランドジャーニーによる課題の抽出
6)エモーショナル・ブランディング・機能的イメージと情緒的イメージ・心を動かすブランドを作り上げる
7)他社事例紹介&自社なら何が出来るかをイメージする

■オプション(1)「ブランド戦略」構築支援<企業内研修>
①経営戦略からブランド戦略へのブレイクダウン
②ブランド戦略骨子の策定(360度ブランドマネジメント)
③競合他社、異業種とのブランド比較・分析・調査
④商品戦略、マーケティング戦略へのブレイクダウン
⑤ブランドブックの作成、社内外ブランディング活動推進
⑥ブランドレビューシステムの構築
■オプション(2)「ブランド戦略」の「コミュニケーション活動」による具現化支援<企業内研修>
①既存コミュニケーション・レビューと課題の抽出
②ブランド戦略の、コミュニケーション戦略へのブレイクダウン
③ブランドターゲットの設定とコミュニケーション活動のKPI化
④トリプルメディアにおけるブランド戦略の構築
⑤Cross-chained-Communication戦略に基づく、コミュニケーションプランの策定

ワーク紹介

セミナー内で「ブランドポジショニングMAP」上に自社、及び競合他社のブランドイメージをマッピングするワークを行いますが、重要なのはMAPの「2軸」を何にするか、で、この組合せで凡庸なブランドにも、際立ったブランドにもなり得ることを学んでもらいます=要は「切り口」が大切で、「伝え方」が変わることで、当該ブランドが魅力的にも自分には関係ないブランドにもなることが実感できます。また、より多くの顧客への販売を目指すあまり広く低くなりがちのブランドフォルムを、ブランドターゲットを絞り込むことで、鋭角で高い姿に変えていき、より際立った、個性的なブランドを構築し、メディアやクリエイティブを選択する際のベンチマークを作っていきます。ブランド選択時の「情緒的価値」の重要性を理解し、あなたのための=私だけにカスタマイズされた、『エモーショナル・ブランディング』を目指す研修です。

お客様の声

<定量評価>宣伝会議「宣伝担当者養成講座」5段階評価で4.5(トップ講師)、その他5段階評価は4.0~4.6ポイント。
<定性評価>「過去自分が経験したセミナーの中で最高!」「ブランド調査の詳細をもっと伺いたい」「30万円取れる講義だね」「とても有意義でした」 「大企業の成功事例自慢話ではない、貴重な失敗談が伺えました(笑)」「何だかワクワクしてきた。自分にも、自社にも出来るかもしれないって」「経営者とそこまで信頼関係を結べるなんて、羨ましい」等。

講師からのメッセージ

仙波 修

OSAMU SEMBA仙波 修

多くの人が知っているビッグブランドではなく、知っている人の多くに愛され続けるブランドになること=パワーブランド化こそが、持続可能なブランドの肝であり、エモーショナル・ブランディングの神髄です。そのためには、機能や性能の優位性だけではなく、そのブランドが有する世界観や価値観が、ユーザー・カスタマーと共鳴するための仕組みや仕掛けを、360度ブランド接点でマネジメントすることが重要。たった一つのボトルネックが、それ以外の全ての企業活動・ブランディング活動を、台無しにしてしまうリスクも孕んでいることを理解し、企業活動全てを、ブランドの視点からマネジメントしていくノウハウや気概を学ぶ、新入社員から経営者まで、幅広い企業人向け研修です。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png