管理職向け1on1コミュニケーション研修部下との円滑なコミュニケーション/4時間

チームワーク作りのためのワークショップ

こんな課題に対する研修です

コロナ禍で対面での部下とのコミュニケーションがオンラインになり、部下との関係が希薄になっていると感じている管理職の方向けの研修です。対面でもオンラインでも使える、部下との円滑な関係を保つための関わり合い、効果的なフィードバック方法などを学びます。また、評価と目標設定で1on1ミーティングをしようと思っているが、基礎的な開催の仕方や留意点などを学びます。期末に向けて部下の評価と目標設定をする必要があるが、なかなか思うような目標設定が出来ず、また部下も納得感を感じていないような方へ、部下の自発的な行動を引き出す目標設定の方法を学びます。                                                             

対象者

一般企業の部下のいる管理職

研修の期待される効果

デフォルト画像

・1on1ミーティングが憂鬱。何を話したらいいのか分からない。部下が非協力的。
・部下とのコミュニケーションが苦手。引き出すことが出来ず、お互い話が深まらない。
・目標設定が曖昧なので、評価面談の際に評価の指針が定まらず、苦労している。

デフォルト画像

・1on1の素晴らしい活用法を学んだ。部下との話す意義が明確に見えた。
・コミュニケーションのためのコーチングスキルを学んだので、面談時に使ってみたい。習得するのには時間がかかりそうなので、現場実践で経験を積んでいきたい。
・SMARTの法則を使って部下の賛同を得やすい目標設定をすることにより、自発的な行動を促す結果となった。また、数値化など見える化したため、評価がやり易くなった。部下からもフィードバックが分かりやすいので、次回目標に向けてモチベーション高く頑張ろう、という気になった。との嬉しい一言も。

研修プログラム例

①1on1ミーティングの効果的な実施方法を学ぶ
・基本の進め方
・部下の成長
・経験学習モデル
・メリット
・効果的な質問
・面談を効果的におこなうには
・留意点

②部下と円滑な関係を保つための伝え方を学ぶ
・アンコンシャスバイアス
・「べき」のギャップ
・コーチングとは
・傾聴(メラビアンの法則)
・承認
・質問
・フィードバック

③部下を自発的に動かす目標設定の手法を学ぶ
・目標設定~SMARTの法則~
・部下への上手な伝え方(6W3H)
・目標設定
・目標として使わないほうが良い表現

ワーク紹介

【フィードバックのペアワーク】
学んだコーチングスキルやフィードバックの技法を用いて、実際に部下役の方へ伝える演習を行います。
3つの事例から1つ選び、伝え方を考えます。ペアで上司役と部下役を交代しながら進めます。伝え終わったら、十分伝わったか、良かった点・改善が必要な点をそれぞれフィードバックし合います。
グループ毎にシェア、気付きを共有して頂きます。

お客様の声

製造メーカー人事部様より
実際に技法を使って話そうとするには、練習が必要。短時間ではあるが、どう伝えたら効果的に部下の行動変容に繋がるのか、実践的な練習があって良い。また疲れてきている後半に、動きのあるワークで飽きないようにさせる目的もある。ロールプレイングは最初は恥ずかしがっていた管理職同士も、必要性に迫っているためメモを取って必死に練習していた。現場実践での成果に期待したい。

講師からのメッセージ

川本 優子

YUKO KAWAMOTO川本 優子

ロールプレイングは当事者としてやってみると、意外と難しいものです。
違和感無く自然にコーチングスキルを活かして話せるようになるためには、練習しかありません。実際に部下との面談機会を増やし、今日は「傾聴」を重点的に行おう、今日は効果的な「質問」に注力しよう、などと現場実践から得る事は多いものです。どんどん練習して実践を経て、部下との円滑なコミュニケーションが自然に出来るような上司になって下さい。そして、●●さんと話すのが楽しみ、と部下に思われるような信頼関係を築きあげて下さい。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png