伝える力UP研修【事前に『学習スタイル診断』実施、事後課題あり】自分の強みを知り、発信(プレゼン)に活かす方法を体得しよう/1回3時間×3日間(1〜2週間ごとの実施を推奨。スケジュールは応相談)

カスタマイズ・プレゼンテーション-主張編-

こんな課題に対する研修です

「お客様に新サービスの説明するが、なかなか理解が得られない」「上長に報告をする際『何が言いたいの?』と毎回聞き返される」など、『伝える力』に関して課題を感じることはありませんか? そんな苦手意識を持っている人でも大丈夫!実は、人に伝わりやすい話し方(文章)には、ある鉄板の法則があるのです。そしてその法則は、コツを掴めば誰でも使いこなせるようになります。
この研修では、『わかりやすくかつ人の心に響く伝え方』のポイントを複数回にわたりレクチャー&トレーニングという形で体感、体得していただきます。さらにご希望により【学習スタイル診断】を導入し、自らの強みを確認。社員同士で個性を求め合いながらフィードバックし合うことで、社内コミュニケーションの活性化にもつなげることができます。

対象者

新入社員〜管理職

研修の期待される効果

デフォルト画像

・自発的に事業のことや、会社の取り組み、サービス内容など、社外へ発信できる人材がいない
・発言、プレゼンに自信が持てない社員が多い
・なかなか主張しないので、何を考えているかわからない社員がいて困る
・リモートワークが進むのはいいが、明らかに社内コミュニケーションが減っている
・若手が上司や先輩へ「どう質問すればいいのかわからない」と悩んでいる

デフォルト画像

・わかりやすく心に響く伝え方で、社外へ発信できる社員が大勢いる(トーク、文章、動画など)
・自分の優位感覚を意識し、自信を持って伝えられるようになる
・各々が自分が伝えたいことをちゃんと伝えられるようになり、意思疎通が楽になる
・リモートワーク中でも社内コミュニケーションが活性化している
・若手が上司や先輩へ積極的でわかりやすい報連相を自らするようになる

研修プログラム例

◆DAY1 『自分』を伝える
1日目は、事前に行った『学習スタイル診断』の結果をもとに、自分の強み、得意なコミュニケーションの方法を理解します。その上で心に響くプレゼンには必須の基礎スキルを学び、トレーニングを実践、体得していただきます。
【内容】
<学習スタイル診断について>
・自分が得意なコミュニケーションの方法を知る
・自分の『トリセツ』をつくろう
<プレゼンスキルUP>
・心に響く『ロジ×エモMIX』とは
・ロジカルな伝え方1
・エモーショナルな伝え方1
・ミニトレーニング『テーマは研修ごとに設定』
・実践トレーニング『自分を伝える』
・社員同士フィードバック
・事後課題について

◆DAY2 『会社』を伝える
2日目は、『学習スタイル診断』についてさらなる理解を深め、「人により響く伝え方がある」ということを肚落ちさせます。そして実施の現場でどう活用できるかイメージを膨らませます。
さらにプレゼンにおけるロジ×エモのポイントをお伝えし、トレーニングを実践。ワンランク上のプレゼンスキルを身につけていただきます。
【内容】
<学習スタイル診断について>
・優位感覚を活用したプレゼン方法
・活用事例
<プレゼンスキルUP>
・ロジカルな伝え方2
・エモーショナルな伝え方2
・ミニトレーニング『テーマは研修ごとに設定』
・実践トレーニング『私たちの会社を伝える』
・社員同士フィードバック
・事後課題について

◆DAY3 『提供しているサービス』を伝える
3日目は、実際の業務で必要なプレゼンテーマを各自が設定します(お客様への新サービスの説明、次の会議で提案するの企画の説明、社内ブログの文章案など)。
これにより翌日から即仕事に活きるプレゼンを完成させることができます。またそれに対してフィードバックをもらうことで、更なるブラッシュアップを実現し、発信力の強化(自信)につなげていただきます。
【内容】
<プレゼンスキルUP>
・ロジカルな伝え方3
・エモーショナルな伝え方3
・ミニトレーニング『テーマは研修ごとに設定』
・実践トレーニング『提供しているサービスを伝える』
・超実践トレーニング『各自実務に必要なテーマを設定』(お客様への新サービスの説明、次の会議で提案するの企画の説明、社内ブログの文章案など)
・社員同士フィードバック

▼研修のウリ!
・ポイントをレクチャー&トレーニングという形を繰り返しながら行うことで、受講者が「身に付いた」という実感を得ることができます
・受講者同士フィードバックを行うので、社内コミュニケーションの活性化につながります(フィードバックしあえる社内カルチャーの醸成)
・「わかりやすく心に響く伝え方」の超基本的なスキルを伝授するので、年次、業務内容など関係なく全社員対象にご受講いただけます(若手社員とともに役員、管理職の方々の受講大歓迎)
・日本ではまだ実施例が希少な【学習スタイル診断】をいち早く導入し、研修内容に反映することができます

【学習スタイル診断】とは:1988年にアメリカで開発された、<強み>を診断し伸ばすためのアセスメント。30年以上運用され、世界で20以上の企業や教育 機関で広く導入。これまでに70000人以上の人が受けています。この診断を受けることにより一人一人もっとも効果的な学習方法を知ることができ、より自分にあった方法で仕事に取り組む事で大きな成果の違いを生むことが期待できます。(社会人のほか学生も診断可能)

お客様の声

「学習スタイル診断を受けたことで『あの人に話す時は、こうした方が伝わるんだな』というそれぞれの特性が理解でき、参加した社員からも『興味深かった』という声が多く聞かれました」
(詳細は動画参照 https://contents3.kyokan.online/gs.html )

講師からのメッセージ

中尾 ミカ

MIKA NAKAO中尾 ミカ

『「伝わった!」を実感すると、仕事は俄然楽しく、やりやすくなります!』
プレゼンには大きく分けると、2つの欠かせない要素があります。その2つの要素について、回を重ねるごとにスキルをプラス。ただレクチャーを聴くだけでなく、即トレーニングすることで「昨日までできなかったことが、今できた!」という成功体験を重ねつつ伝える力を磨くことができるのがこの研修の特徴です。プレゼン力UPはもちろんのこと、社内コミュニケーションの活性化にもぜひお役立てください。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png