ビジネス文章の書き方研修5W1Hとコピーランティングでビジネス文書を簡単に体得しましょう/90分x2回

「なるほど!」と言われる シンプル・プレゼンテーション講座 

こんな課題に対する研修です

ビジネス文章に触れることの少ない現場従事者は「書き言葉」で表現することが苦手な方が多いようです。
現場では顔を見ながら言葉を重ねたり動作で伝えることができても言葉だけでは表現できないと言われます。
それは伝えたいことがロジスティックに組み立てられていないために起こります。
思考をロジスティックに書き出すことができれば、感覚的捉えていた作業時間などをより具体的にとらえることができ、コミュニケーションもスムーズになります。思考を整理して発信できるスキルは現場力の強化にもなります。

対象者

新入社員~管理職

研修の期待される効果

デフォルト画像

・ビジネス文章の形式やマナーに自信がなくて書類作成に時間が掛る。
・伝えたいことが整理できない、なにを書いたらよいのかわからない。
・提出された文章の内容が不明瞭で確認が必要。

デフォルト画像

・ビジネス文章を短時間で書けるようになり書類提出やメール作成のストレスが減る。
・状況、思考の整理ができて取引先や関係者とのスムーズなコミュニケーションがとれるようになる。

研修プログラム例

■ビジネス文章の書き方
ビジネス書類の意味合いと文章の組み立て型を学びます。
【内容】
①5W1Hを使い思考の整理をしましょう。
 ・5W1Hをおさらい
②各書類ごとの最重要項目の順番を5W1Hで確認しましょう。(ワーク)
 ・業務報告書・提案書・顛末書・改善書など
③各書類の定型を作りましょう。(ワーク)
 ・コピーライティングテクニックを使って
  見出しを付けましょう。
 ・内容を埋めましょう。

■メールのビジネスマナーと伝えること。
メールでスムーズなコミュニケーションをとるために必要なスキルを学びます。
【内容】
①基本的なビジネスマナーとしての言葉使い
・表題の付け方
・定型
 宛名・挨拶・本文・締め・署名
 NGな定型
②読む相手の理解
 決済権のある相手、決済権のない相手
 ロールプレイ
③例題の事例でロールプレイワーク
 納期遅れの報告と承認依頼(仮)
 の文章作成ワーク
 グループまたは2-3名で検討

▼研修のウリ!
現場の方が実務を体得するように、ワークを中心に進めます。
現在苦手と思ってる文書を講座時間内で仕上げていきますので、すぐにスキルを活用できます。

 

講師からのメッセージ

小川 ふさえ

FUSAE OGAWA小川 ふさえ

現在契約中の会社は現場従事者がほぼ100%で、文書にとても苦手意識を持っています。
過去時間を取って座学を中心に研修を行ってきましたが、思った成果が感じられませんでした。
現場作業と同じく手順を明確にし実際に身体を動かしてもらうことを繰り返すことで苦手意識が薄らいで行きました。
この経験をもとに業種は違えど解決したい本質は同じと考えて一助になれれば幸甚です。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png