川井 隆史TAKASHI KAWAI

ハンズオン・CFO・パートナーズ株式会社

ハンズオン・CFO・パートナーズ株式会社									:川井 隆史
慶應義塾大学経済学部卒業後、国民金融公庫(現日本政策金融公庫)に入庫、貸付管理業務に従事。公認会計士試験に合格後、アーサ―アンダーセン、日本コカコーラ、GEの日本法人および米国本社に勤務、会計監査、財務管理、日本およびグローバルの事業計画に従事、その後上場ベンチャーなど数社のCFO(最高財務責任者)を経て独立。
外資系時代はPMI(買収後統合)の財務管理のリーダーとして約10億円のコスト削減、新規事業本部の立ち上げ、経営管理体制が崩壊した子会社の立て直しなどに貢献した。
ベンチャー時代は赤字会社で資金繰りに苦しんだが3回の資金調達についてすべて成功、エグジットをはかることができた。
独立後は外部CFOとしてベンチャ―企業の支援やPMIの一環として被買収企業の立て直しを行い、1社はほぼ倒産寸前から一部上場まで支援することができた。
また、専門職向け(大学院、弁護士会、会計士協会地区会など)や、顧客先の依頼により実践的な企業の現場で使える財務・会計・数字の見方などの研修を行っている。平板で受け身になりやすいところを豊富な実例などをケースとした実践的な内容で受講者の興味を引き出すことで定評がある。

稼働可能な地域

北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄

認定の有無

認定

資格情報

MBA(Temple Univertsity), 公認会計士・税理,・IFRS Diploma(ACCA:英国勅許会計士協会認定)、実用英語検定1級、ビジネスモデルデザイナー®(生涯学習財団認定)

得意業界

自動車・機械/電機・精密/IT・通信

講師からのメッセージ

現在社員に「経営者目線」を身に着けることの大切さが叫ばれています。「経営者目線」一つの重要な要素として会計を中心にした数字の見方を行ってます。しかし、一方通行な単なる知識の伝達では全く役に立たないと痛感しています。できる限り皆さんの頭で考えていただき、演習やワークショップなど「使う」ことにより身に着けていただくことを心掛けています。

川井 隆史

職務経歴

●1988年  国民金融公庫(現日本政策金融公庫) 入庫
⇒融資・管理業務
●1992年 アーサーアンダーセン入社
⇒会計監査・会計・内部統制コンサル・企業研修受託
●1996年 日本コカ・コーラ入社
 ⇒予算マネジャーとして新規事業部門の経営管理・事業計画策定に従事
●1999年 GE(Generai Electric) 入社
⇒M&A後のインテグレーションマネージャー、米国本社でのグローバル事業計画担当マネジャー、日本法人の財務部長(代行)、経営企画担当ディレクターなどを歴任
●2004年 上場ベンチャー企業の専務取締役CFO
⇒資金調達・経営管理で経営危機を何度か乗り越える
●2008年 2社の非上場企業のCFO(1社は現東証一部上場)
●2011年 独立、会計コンサルティングに従事(後にハンズオン・CFO・パートナーズ㈱設立)

研修実績

【企業・業界】
IT/電気・エネルギー/多国籍コングロマリット/金融サービス/精密機械/弁護士会/会計士会/専門職大学院
【テーマ】
営業職向け会計、決算書の見方・使い方、広報部門、人事部門など管理部門に必要な会計知識(部門別に行う)、不正会計の防止法、資金調達、事業計画の作り方、コンプライアンス・内部統制・新規事業開発(ビジネスモデルの作り方)

お客様の声

・参加型会計研修なので受け身でなく、すごくタフでしたが自分の頭で考えられてよかったです。
・笑い声がしばしばおこる会計研修なんて初めてだったので感動しました。

出版メディア関連情報

現場で使える決算書思考(明日香出版社)
現場で使える会計知識(明日香出版社)
外資系エリートのすぐ成長する仕事術(日本実業出版社)
部長の仕事術(明日香出版社)
日経ビジネス(2016年5月9日号:インタビュー記事)
人事マネージメント連載(2017年6月号~11月号)

この講師の研修この講師について問い合わせるMy Training

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png