講師養成「受講者に満足される講師になる講師養成」とは?

「講師養成」とは

講師とは、一般的に講義を行う者のことを指します。

 

人が育つ風土の醸成やコア技術を継承するため、また、競争優位性を高めるといった企業の将来に向けて、戦略的に社内講師を育てる取組みが増えています。

 

もっとも効果的な人材育成の方法として、仕事のスキルや業務を誰かに「教える」ということが注目されています。

 

何かを理解し、そして、それができるようになる。

そこからワンランクレベルアップして、「教える」ためには、自ら学び、その事柄についてより理解を深める必要があります。

 

外部講師からの学びも重要ですが、組織内で「教える」人材を育成することで、組織全体のスキルアップにもつながります。

魅力的な講師とは、受講者の立場に立ってわかりやすく伝えられる人材です。

注目される背景

多くの企業では、社内の特性を活かしたプログラムの構成やコスト減が叶うため、社内講師による研修を取り入れています。

 

また、少子高齢化に伴い、組織内の高年齢化が進んでおり、今後もこの傾向は続くと見込まれています。

現在の制度では、企業は希望するすべての従業員を65歳まで雇用することが義務付けられています。

”改正高年齢者雇用安定法”では、70歳まで就業を延長する”努力義務”が課せられているのです。

よって、人脈や経験が豊富で、働く意欲を持つシニア層社員を活用する方法として、社内で人に教える役割を与える傾向があります。

 

社員が社内講師としてのスキルを磨き、成長することが、組織の成長・発展につながると考えられています。

                       

参加者のこんな課題を解決します!


  • 受講生に興味を持って聴いてもらえる方法を知りたい

  • 研修時に場を温める方法を学びたい

  • うまく伝わる方法を知りたい

  • 受講生の理解度を測りたい

  • 受講生とのコミュニケーションの取り方を学びたい

                       

研修を通して学べること

講師として求められるスキルは多岐にわたります。

・研修企画スキル

 受講生が理解し、必要性を認め、行動を促進させるようなプログラムを組み立てます。

・インストラクションスキル

講師が培ってきた経験と知識を、受講生に分かりやすく伝えます。受講生が臨場感を持って受講できるよう、ワークを取り入れるなど工夫が求められます。

・コミュニケーションスキル

受講生に主体的に受講してもらえるような聴き方や伝え方、集中力を導く会話力のことです。講師と受講生が双方向コミュニケーションを図ることで、研修課題がより明確になり、行動にうつしやすくなります。

 

これらのスキルを磨くことで、講師自身もスキルアップし、企業に貢献している実感を持てます。また、こうして自信を持って登壇すれば、受講生を前向きな受講に導き、組織全体にも好影響をもたらします。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着コラムNew Column

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png