講師養成

「講師養成」とは

人材育成の手段として、他者に何かを「教える」ことが推奨されています。

・わかる
・出来る

という段階から

「教える」

を実践するためには、人一倍様々な学びを得る必要があります。組織外部の人材から教わるだけではなく、組織内部の人材が教える経験を積ませることが、組織全体のスキル向上につながります。

注目される背景

少子高齢化によって、組織内の従業員の平均年齢が向上する傾向にあります。特に高年齢層の社員が増え、定年年齢も上がってきています。高年齢層社員活用の方法として、社内で人に教える役割を与えることがあげられます。

こんな課題を解決します

人に何かを教えることは容易ではなく、様々なスキルが要求されます。
  • 伝えるための工夫
  • 教わる相手の状況を理解するためのやり方
  • 教える際の場のつくり方
  • など、学ぶべきポイントは数多くあります。こうしたポイントを教わる経験は普段の業務ではなかなか得られないため、専門的な学びを習得するための場を設ける必要があります。

    必要とされる力

    働き方や採用、育成のやり方が多様化し、組織内の事情を理解している人材が研修などの場面に携わることが必要になっています。

    講師として教えられる人材が身近にいることは、組織の大きな強みです。組織の人材流動が激しいこの時代、組織内での講師の存在意義はますます大きくなっていくでしょう。

    カテゴリから探すFind by CATEGORY

    人気の研修Popular Training

    新着コラムNew Column

    課題別研修
     
    • sb-bnr-jpia.png
    • sb-bnr-concierge.png
    • sb-bnr-pickup.png
    • sb-bnr-interview.png
    • sb-bnr-signup.png
    • sb-bnr-collaboration.png