外国人活用プロジェクト

「外国人活用プロジェクト」とは

日本を訪れる外国人の数は年間で3000万人近くにまでなってきています。観光だけではなく、日本で就労しようという人が増えているという背景もあります。

逆に日本企業が海外へ営業や生産の拠点を拡大し、現地の人を採用して戦力化しようという動きも活発化しています。

注目される背景

様々な企業でダイバーシティ施策が推進される動きがあり、国籍の異なる社員ととも働くことは珍しい事ではなくなりつつあります。

しかし、まだまだ多様な外国籍人材を活かしきれておらず、ある程度の責任を負う役割は日本人が担うという状況も散見されます。そうなると、世の中の変化に対応できずに組織の考え方が旧来と変わらないままの状態になってしまうことが懸念されます。

こんな課題を解決します

企業の中には、社内の公用語に外国語を取り入れるケースも増えてきています。そうした流れでグローバルの舞台で経営を行うには、同じ日本人だけでは立ち行かなくなります。様々な国や地域の人たちの知恵がより求められるようになるでしょう。

必要とされる力

日本がグローバルに経営を行っていくためには

・多様なバックグラウンドを持った社員同士が活発にコミュニケーションをとりあう
・お互いの言語や文化の理解を前提として、様々な国の優秀な人材が日本で組織をけん引できる環境を整える
・外国人も含めた優秀な人材を組織の中でどう活かすか、人材育成の観点から考えていく

必要があるでしょう。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着コラムNew Column

課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png