介護職向け研修

「介護職向け研修」とは

介護職は、高い技術と職業意識を必要とする専門職です。

・要介護者に対する直接的な援助
・家族の心の支えとなる

ことにより、心理的・身体的サポートをします。地域の支援拠点となる介護事業所も多く、介護職の担う範囲は今後さらに拡大するでしょう。

注目される背景

団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)に達する2025年、必要な介護専門職は約253万人と言われています。しかし

・低賃金
・重労働
・家事や子育てと両立できない

といった理由での離職などにより人材が不足し、、現場職員の負担が増しています。結果として質の高い介護を提供できないという悪循環となっています。専門的な知識とスキルを兼ね備えた介護職人材の育成、定着は喫緊の課題です。

こんな課題を解決します

  • 職員の知識やスキルに差があり、同レベルの介護を提供できていない
  • ご家族からの要望にどこまで対応すべきかわからない
  • 介護職におけるキャリアアップが提示できず、ある程度経験を積んだ職員が辞めていく

必要とされる力

高い専門性と仕事への誇りを持ちながら、長く働き続けるための自己管理について学びます。介護職にとって、専門職としての知識とスキルを有していることは、仕事の負担感の軽減、働く意欲につながります。

・知識やスキルのブラッシュアップ
・自身のキャリアプランの作成
・介護職のストレスケア

を学ぶことで、仕事への長期的な視点を養いつつ、「感情労働」を伴う仕事への関わり方や、自身のメンタルヘルスの重要性を認識します。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png