リーダーシップ開発研修 ~ストレングスファインダー®で自分の強みを活かしたリーダーシップを開発する~(1日)


こんな課題に対する研修です

ストレングスファインダー®を開発した米国ギャラップ社の調査によれば、メンバーがリーダーに求めるのは「信頼」「思いやり」「安定」「希望」。ストレングスファインダー®による自己理解をベースに、自分なりにどうこの4つを与えられるかを考え、自分なりのリーダーシップのあり方をイメージし、それを開発していくための一歩を踏み出す。

対象者

リーダー/マネージャー

研修の期待される効果

デフォルト画像

・ステレオタイプ的なリーダーのあり方のイメージに惑わされてうまくリーダーシップが発揮できていない

デフォルト画像

・自分が当たり前にできてしまうことをそのまま活かしたリーダーシップのあり方がイメージできて自信をもってリーダーシップがとれるようになる

研修プログラム例

1.ストレングス・ファインダー®の成り立ちと活かし方
 - 才能、資質とは?
 - 資質の分類(4つのグループ)
 - 才能の二面性(バルコニーとベースメント)
 - 資質の組み合わせによるダイナミクス
 - ストレングスファインダー®をチームビルディングに活かす
 - なぜ強みにフォーカスするのか?
2.各資質の解説(自己理解・相互理解)
3.自らの資質を活かした成功事例を語る
4.強みを活かしたチーム、組織のビジョン
5.自身の強みを、リーダーとしてどう活かすか?
 「信頼」「思いやり」「安定」「希望」
6.自分の弱み(不得手)との折り合いのつけ方
7.自分とメンバーの思考の違いによるすれ違いのメカニズム
8.コーチングを活かしたマネジメント(共感的傾聴)
9.行動宣言

講師からのメッセージ

知識 茂雄

SHIGEO CHISHIKI知識 茂雄

現状、ストレングスファインダー®を活用した研修を中心に提供しているが、誰もが持っている自分だけの才能に気づき、それを活かした自分らしい生き方(仕事であれ、プライベートであれ)を手に入れて欲しい。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png