知っておきたい103万円・106万円・130万円の壁〜扶養・税金・保険・年金の制度を知ろう〜(1.5〜2時間)


こんな課題に対する研修です

103万円・106万円・130万円の壁…扶養から抜けると働きゾンと考え、働く時間をコントロールしている女性社員は多い。女性社員が年々変わる扶養(税金・健康保険・年金制度)の正しい知識をつけることで、扶養を抜ける=働きゾンというイメージを払拭し、企業側が働いてほしい時間を提案しやすくする。また、扶養に関する知識だけでなく、教育費・老後などのライフプランに絡めながらお伝えし、働く意欲が向上する情報を提供することで社員と企業の雇用条件などの話し合いをスムーズにすることも目的とします。

対象者

扶養範囲の前後で働いている女性

研修の期待される効果

デフォルト画像

扶養を抜けると働きゾンというイメージが強いため、年末に仕事の時間を調整し、企業側の思うような時間や働き方をしないケース(あるいは、調整に労力がかかる)がある。

デフォルト画像

1.社員自身が103万円・106万円・130万円などの壁(税金・保険・年金)や制度を正しい知識をつける
2.配偶者より「扶養範囲で働くように」と言われている女性も多い。女性社員自身が配偶者に働くことでどのように家計がプラスになるのかを伝えれるようになり、企業側が求める就業時間や働き方を選択しやすくする
3.1や2の結果、企業側が就労の時間や働き方を社員に伝えやすくする

研修プログラム例

知っておきたい103万円・106万円・130万円の壁
目次
 ①興味付け
 ②人生の3大支出(教育費・住まい・老後)
 ③103万円・106万円・130万円の壁・扶養
 ④あるママの話(事例)
 ⑥貯金を増やす方法

ワーク紹介

制度面の情報を穴埋めで、グループで話し合う

お客様の声

・最も知りたかったことを的確にわかりやすい解説で学べました。参加できてよかった。
・仕事をもっとがんばりたいと思います
・初心者にわかりやすくお話されていてとても良かったです。
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png