OJT教育 推進プログラム初めが肝心!初期教育が差を分けます!


こんな課題に対する研修です

「若手社員の育成がスムーズに進まない」という状況の背景にある「教育体系の未整備」、「教育風土の欠如」、「上司・先輩社員の育成能力の低下」などの問題を解決し、新入・若手人材の早期戦力化を図ります。

OJT教育推進イメージ
新入・若手社員の育成には、自社に合ったOJT教育の実践が不可欠です。適切なOJT教育を実施することで、職場の活性化を図ると同時に自社の今後を担う、有望な若手人材を育成します。

対象者

主に新入・若手の教育を推進する人事/教育担当者

研修の期待される効果

デフォルト画像

・新人・若手の教育を現場任せにしている結果、適切な教育が行われていない
・部署によって教育内容にバラつきがあり、ムラやムダが生じている
・上記の結果、新人・若手の成長スピードが遅く、活躍出来ていない

デフォルト画像

・新人・若手に何を教育すべきかがOJT計画書に明確に書かれている
・新人・若手の傾向や特徴を理解し、指導できるようになっている
・教育担当者同士の横のつながりができ、育成のノウハウが蓄積されている
・新人・若手の成長が成長し、活躍している

研修プログラム例

1.OJT教育制度策定
①現状、およびご要望内容の確認
②OJT教育推進方針、および推進PJメンバーの決定
③弊社コンサルタント同席の下、PJミーティング開催
④PJメンバーが中心となって各部、関係者に検討内容の確認・共有
⑤上記「4」を経て、OJT教育制度の完成

2.チューター育成研修
①受講対象者、および実施要綱の決定
②集合研修の実施※体感ワークなどを交えて進行します。

3.チューターフォロー研修
①約1ヶ月間の実践期間を経て、集合研修の実施
②フォローアップ、アドバイス※OJT振り返りシートを基に進行します。
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png