「これだけは押さえたいリーダーの5大任務」「理想的なリーダーをめざして」/2~3日

会議のやり方改革プログラム~会議デザイン編~

こんな課題に対する研修です

リーダーの「任務」や「役割」は、キリがないほどありますが、ここでは、基本的かつ重要な5つの「任務」を具体的に揚げていきます。リーダーの任務は、一般社員の任務とは違い、その責任や影響力は非常に大きいといえます。また、リーダーと一口に言っても新任のリーダーから、経営職まで幅広く、その責任の範囲や具体的な必要な知識も違いはあります。ここでは、どのリーダーにも共通した重要な任務について学んでいきます。この5つの任務を学び実践することで理想的なリーダーに近づくことができます。
1.部門の業績を揚げるために具体的にどのような考え方やノウハウが必要か。
2.部下の教育・指導の具体的な方法や注意点は何か。
3.トップや上司の補佐、あるいは関連する人たちへの影響力のとり方。
4.自部門の成長や社風の維持・発展の必要とは。
5.より向上するための考えや意識の必要性について。
などを具体的に学んでいきます。

対象者

ビジネスリーダー(経営者、経営職者、役職者、指導者、管理、監督者、企業全体の責任者から、部署、チームの責任者)

研修の期待される効果

デフォルト画像

リーダーとして役職に就いて、リーダーの仕事は何かわからない。どういうスキルが必要か、今後何を勉強していったらよいか、
部下の指導がわからない。今後何を目指したらよいかわからない。また、部門の業績を上げるためのノウハウがわからない、というリーダーはお勧めです。

デフォルト画像

高い業績を上げるための具体的な考え方やノウハウが学べます。
部下の教育・指導の具体的な考え方やノウハウが学べます。
上司補佐としての具体的な行動やその効果が学べます。
部門強化や社風の重要性が学べます
さらに成長するための向上心の大切さが理解できます。

研修プログラム例

1.目標達成(高い業績をあげる)
単なる目標達成ではなく、「高い目標」を達成しなければ成長しないことを認識します。単なる目標達成は一般社員でもできます。リーダーの重要な任務は、自部門やチームの業績をより高く達成するための具体的な考えや意識を身に付け実践するために学びます。。
【内容】
目標達成の8つのチェックポイントを学び、自社のそれを検証します。

2.部下(社員)の教育・指導
「業績は社員の成長に比例する」は至言です。企業が発展するための根底は社員の成長です。そのためのリーダーとしての具体的な指導方法やノウハウを学びます。
【内容】
①なぜ教育が必要か(その目的)
②部下の教育・指導にあたっての11個のポイントをチェックします。

3.トップや上司を補佐し、ビジョナリー・メッセンジャーとしての役割
リーダーの大きな役割の一つは、トップや上司の補佐であり、ビジョナリー・メッセンジャーとしての役割です。その具体的な目的や重要性について学びます。
【内容】
①上司補佐の5つのポイントを具体的に学びます。
②ビジョナリー・メッセンジャーとしての重要性と責任について学びます。

4.部門の強化・拡大と社風の維持・発展
上記役割の1.2.3を成長することで、部門の強化・拡大が進みます。また、それを永続することで「社風」になることを学びます。
【内容】
部門の強化・拡大は、高い業績を上げ、部下の教育・指導を続け、上司を補佐し、ビジョナリー・メッセンジャーの役割を永続することで社風が構築できるということを学びます。

5.より高い地位や任務を目指す(後継者の育成)
リーダーの任務の最終は、現状の地位や任務に満足せず、さらに上の地位や任務を目指すことにあります。経営者もしかり。そのために一番の任務は後継者の育成であるということを学びます。
【内容】
企業の発展は、常に先を見て世代交代をしていかなければなりません。そうでなければ社員の成長は停滞しまいます。究極の経営スタイルであることを学びます。

▼研修のウリ!
理想的なリーダーに限りなく近づきます。リーダーのマネジメントやリーダーシップの具体的な手法が学べます。
企業は永続的に繁栄・発展をめざさなければなりません。そのためにはリーダーが常に自分の任務や役割を意識し、実践していくことが必要です。

講師からのメッセージ

飯島 宗広

MUNEHIRO IIJIMA飯島 宗広

「企業の盛衰はリーダーによって決定する」。企業全体の盛衰は経営者によって、部門やチームの盛衰は各リーダーによって決まる。リーダーの重責はすこぶる重いのです。ここでは、りーだーの任務について解説しますが、「任務」とは、「仕事の役割」であり、「義務」であり、「成果」と「成長」について、「責任」が生じます。そのために、リーダーが任務を遂行するにあたっては、「強い精神力」と「不屈な忍耐力」、「高い志(使命感)」が必要になります。しかし、これらをはじめから持ち合わせている人はほとんどいません。これらは、自分がリーダーになるための大きな課題となり、この課題に挑戦する「決意」あるものが、リーダーとしての「資格」を有します。すなわち、リーダーの条件の一つは「挑戦」です。理想のリーダーに挑戦したい方はこの講座は有効です。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png