先輩、部下から共感を得るリーダーシップ研修リーダーにとって大切なことは差し入れから教わった ~チームを任された27歳のリーダーへ/3時間×1日間

こんな課題に対する研修です

社会人になって3年4年、どんな業種でも1人前として判断行動ができるようになります。がむしゃらに進んできた新人時代とは異なり少し余裕が出てきた反面、冷静に客観的に自分を見つめなおす時期でもあります。「現在の自分の実力」「将来のイメージ」「プライベート面での未来像」自信とともに不安や迷いも出てきます。「このままでいいのだろうか?もっといろんな経験を積むべきじゃないのか?」そんな時、会社からは「そろそろ仕事を任せてみよう」と期待され部下を持つよう促されます。「本当に自分で大丈夫だろうか?」そんな悩む若きリーダーたちを現場で何度も見てきました。思いつめ、時には体調を崩したり残念ながら退社した人たちもいました。そんな彼らの心の重荷を解く気づきや考え方を実際にあったエピソードを例に紹介していきます。

対象者

若手~管理職

研修の期待される効果

デフォルト画像

・部下に対して自信が持てず悩んでいる                                      
・部下の成長とモチベーションアップの方法がわからない
・自分だけ先を進み誰もついてこないで孤立感を感じている
・リーダーとして経験がないので不安だ
・自分自身まだまだと思っているのでまだリーダーになり切れていない

デフォルト画像

・視野が広がりこれまで気が付かなかった新しい選択肢が見つかるので自信につながる
・具体的なトレーニング方法により、暗記ではなく応用が効きやすくなる
・実際にあったエピソードを知ることで重荷が解け気持ちが楽になれる
・みんなで一緒にやる仕事って楽しい!に変わるチャンスに気づく

研修プログラム例

1.そもそも、リーダーに大切なことって?
リーダー論、チームマネジメント論は書籍を始め多くの緒論が世間に広まっていますが、多すぎて逆にどうしていいのか迷いやすいもの。
そこで、一度「リーダーとはこうでなければならない」という先入観を見直しつつ、「自分たちのお客様にとって大事なこととは何か?」「お客様を満足させるために社内で、チーム内でなにをするべきか」を再確認しその視点を作る。
そのために差し入れが効果的なことを紹介。
<内容>
・ビジネス本でよく言われるリーダー論とリーダの型にこだわらない
・「部下を変える」は間違い?!
・なぜ、あの暴走車は道で事故を起こさないのか?
・必ず思い出して、リーダーが仕事で大事なことはこの2つしかない
・ここが結論!「デキるリーダー」ってどんな人?どんな能力を伸ばすべきか

2.極意 差し入れの術
本来は特別やらなくても評価は下がらない差し入れをあえてみんなにする意味と意義を紹介することで、他者がやらない「ひとつ上の取り組み」を目指します。
ここでは日常シーンでトレーニングできる方法やポイントも紹介します。
差し入れを学ぶことは「自分のことしか見えない→自分以外が見える」ことができるようになります。結果それがリーダーを育てます。
<内容>
・差し入れの定義
・あの人の差し入れが何週間も放置された理由とは?
・効果的な差し入れの方法と気を付けるべきポイント
・「高価じゃなくても100円以下の安いシュークリームでも嬉しい」は本当か?
・プランBの重要性
・「ノットノーマル」で行け!

3.人は、自分はどう変わっていくのか
どんなプロジェクト、どんな職場でもチームで動きます。歯車がかみ合わず衝突が起きると「こんなに苦しいことはない」と落胆する一方で、皆が一致団結し同じ方向を向けたとき「こんなに幸せなことはない」と心から実感できます。
一度心の底から「感動体験」をすると何かが目覚めます。そしてもう一度、深く取り組みたくなります。
「仕事の中で自分たちが愛情・愛着を感じられるものはなにか?」を心の中で問いかけ始めるでしょう。
<内容>
実際のエピソードから
・あんぱん:ひと言も挨拶しない同じ部署のスタッフがその後……
・高級チーズフォンデュ:問題児と思われていた新入社員は実は……
・お寿司とピザ:親の反対を押し切って地方からエンタメ業界に入った新人社員がスタッフ全員に認められる姿
・花ブーケ:我の強めな女性スタッフが彼氏にも見せたことないような表情に変わる
・シャンパン:「あなたはここに何しに来たのか?」と文句言ってきた上司が出社最終日に贈ってくれた言葉が……
・最後に贈る「与えるものは受け取る」の意味

▼研修のウリ!
この講義研修は「〇〇できる方法」といったhowtoものではなく、実際にあった体験談と自身で実践検証し変化が起きた実例です。
「同世代の同じような悩みを持つ人たちがこうやって変わっていった」身近なエピソードに共感と気づき、そして自分を変えていくキッカケになることでしょう。

講師からのメッセージ

下田 久人

HISATO SHIMODA下田 久人

20代には20代の、30代には30代の悩みがあり職場、制作現場でよく相談を受けました。それは私がかつて同じ悩みで孤軍奮闘したことでもあり、当時とても共感を覚えました。                                 そして同時に、ちょっとしたことで自分も相手も変われることに気づきました。とてもニッチなテーマだけにユニークな内容になっています。上記内容を約4分のティザー動画にまとめました。ぜひこちらもご覧ください。
【紹介動画URL】

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png