係長、主査のためのリーダーシップ研修あなたの接し方で部下は劇的に成長する


こんな課題に対する研修です

時代は、命令型リーダーから支援型リーダーに変わってきています。しかし、関わり方のキモが分からないということがありませんか。悩んでいるうちに、リーダーとしての信頼を失ったり、やる気のある部下のモチベーションを下げかねません。そこで、今日的なリーダーに求められる考え方とスキルを身につけて、一人ひとりのメンバーを輝かすリーダーシップの立ち位置を学びます。学び方は、話し合いやグループワークをふんだんに使って、コーチング力やゴールまでの目標管理力をつけていきます。研修が終了した時点には、あなたのグループの凝集性とモチベーションは高まり、グループに愛着さえ感じます。現場に戻って、その空気感をあなたの部署で波及させてください。

対象者

チームリーダー

研修の期待される効果

デフォルト画像

・チームリーダーと言われても、何をどのようにすると効果的か漠然としか理解できていない。
・先輩の姿を見ていて、リーダーの役割とは、指示、命令することだと思っている。
・業務消化型の仕事が望まれる仕事だと思っている。
・問題意識を持たねばと思っていても、ついつい指示待ちで、どうしたら打開できるかが分かっていない。

デフォルト画像

・チーム内の解決したいことを明らかにすることができる。
・部下に意味を確認しながら伝えながら、仕事を任す能力がつく。
・チーム内外のメンバー同士の関係性を俯瞰する力がつく。
・「傾聴」、「質問」をしながら、チームメンバーが自ら目標管理をして仕事ができるようにかかわれる。 
・時代の変化に対応して問題意識を持って、解決していくスキルを身につけることができる。

研修プログラム例

1日目
1 講師自己紹介、受講者同士の自己紹介、学びのゴールの共有
2 リーダーとリーダーシップ【グループ話し合い】
3 3人のレンガ職人(イソップ物語)を素材に考える【話し合い・発表】
4 リーダーに求められるミッション【レクチャー】
5 あなたのチームの解決したいことは?【個人ワークとグループ話し合い】
6 権威型リーダーシップ、サーバント・リーダーシップ、シェアード・リーダーシップの特徴【レクチャー】
7 ティーチングとコーチング ・コーチングの核をなす傾聴、質問、承認、継続 ・GROWモデル【レクチャー】
8 自己の行動計画をコーチン的対話で明確にする【ペアワーク】
9 1日のふりかえり

2日目
10 診断型組織開発と対話型組織開発
・心理的安全性
・ダニエルキムの成功循環モデル【レクチャーと話し合い】
11 チームのプロセスを観る
・ジョハリンの窓
・対話により、意味、価値や意図を共有する【レクチャーと話し合い】 
12 チームビルディングワーク-架橋大作戦- ・ふりかえりとわかちあい【グループワーク】
13 明日からの自分-誓いの言葉ー 【個人ワークと発表】
14 2日間のふりかえりとわかちあい【わかちあい】

ワーク紹介

【ペアワーク】
・しゃべる人と聴く人になって、自己の行動計画をコーチング的対話で明確にする。交代して行う。
・ふりかえりシートを使って、個人ふりかえりとペアわかちあいをする。
【グループワーク】
・チームビルディングワーク-架橋大作戦。
・ミニカーが通過できる強度を保った橋を架ける。橋のネーミングも考える。
・発表と審査。
・ふりかえりシートを使って、個人ふりかえりとグループわかちあいをする。   

お客様の声

・リーダーは指示命令するものだと思っていたが、それでは若いスタッフは育ないということに気づいた。
・楽しくワークをして、チームで目標を明らかにすること、役割分担すること、協力することを体験的に学んだ。
・丁寧に聴いてもらうと、何が分からないか、何ができてないかが明らかになってきて、どうしたらよいかを自ら考えようという気になった。
・「誓いの言葉」で書いたことを明日から実践していこうと思う。ありがとうございます。
・対話を重ねることで、何でも話したり、助け合えれるチームになっていくんだと感じた。
・「心理的安全性」という言葉を知ってよかった。大事だと思う。
・ワークや話し合いの時間が多かったので、早く2日が過ぎた。
・このような研修はあまり経験したことがなかったので、新鮮でした。(一方通行の研修が多かったよう)
・私たちを指導する上司にも学んでほしい研修と思った。

講師からのメッセージ

鯖戸 善弘

YOSHIHIRO SABATO鯖戸 善弘

・受講するからには大いに考え、大いに語り合ってください。2日間の中で、リーダーシップについて新たな気づきがあります。そのように気づいたあなたが、新たなリーダーシップ像を発揮して、部下から「こういうリーダーのもとで働きたい」と思われる人になってください。そんな人が増えると職場は確実に変わります。また、ここで学び合った仲間はこれからの仲間です。自分が疲れたとき、悩んだとき、お互いに支え合える仲間となってください。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png