女性リーダのためのコミュニケーション研修”あなたらしさを活かしたリーダー像”を明確にして、楽しみながら行動しよう! 6時間×2日間(4時間〜1日等、短縮版実施可能)


こんな課題に対する研修です

リーダーになることへのポジティブなイメージが持てていない場合、一般的なビジネスリーダー養成プログラムでは、プレッシャーを感じ、自己尊重感がさらに低くなることもあります。
リーダシップに対するアレルギーがあり、「リーダーとして何をすればいいのかがわからない」という状態から抜け出すためには、自分への信頼を取り戻し、自己尊重感を高め、リーダーや管理職になることへのポジティブなイメージをもてるように意識づけすることが重要です。そのため、研修においては自律的キャリア意識を醸成する場づくりが必要です。
本研修では写真コーチングカードを使用し『イメージ・直感』を活用し思考と感情を開放し、心をオープンにした状態で、キャリアのあり方を再考します。社会性や公益性を引出すフレームワークで「自分の強みを活かしたリーダー像」を描けるよう導き、部下と共感と信頼の関係をつくるために必要なスキルとマインドを学ぶことで、現場に戻ってからも部下とより良い関係を築くことができ、リーダーとしての行動に自信がもてるようになります。

対象者

若手〜管理職

研修の期待される効果

デフォルト画像

自信がなくリーダーとして具体的にどう行動すればよいかわからない。
日常業務に追われ前向きな気持ちになれず、常に不安で自信が持てない。
部下のケアができない(離職原因)

デフォルト画像

リーダーシップを理解し、自己尊重感が高まる。自律的なキャリアビジョンが明確になり、明日からすぐに実践できる行動が具体化する。メンタリングマネジメントを学び、信頼と共感による相互支援の関係を理解し部下のモチベーションを高め組織の生産性を高めるために行動できるようになる。

研修プログラム例

【演習】ビジネスパーソンにとって大切なスキルを理解する。
   ①テクニカルスキル(業務遂行力)
   ②ヒューマンスキル(対人関係力)
   ③コンセプチュアルスキル(総合的判断力)

【演習】チェックシートを使って、部下との共感と信頼の関係を築くための自分の課題に気づく。
自身の具体的課題が分からないことで、どう行動したらよいか分からない「不安」はさまざまなストレス症状となる。
また、ストレスが感情や思考、モチベーションにも影響していることに気づかないため、自分を追い込むことになりがち。結果、描いている成果に結びつかないため悪循環に陥る。自己肯定感が高まり、心に余裕ができるため、仕事が楽しく、意欲的に部下とも関わることができる。毎日イキイキと過ごし、生きる喜びを実感する。

【演習】ビジョンを具体化してみよう
・あなたの1年後を形で現すとどんな形(●▲■…)?
・ あなたの1年後を色で現すと何色ですか?
・ありあまるお金があったら、何に使いますか?
・ありあまる時間があったら、何に使いますか?
・この1年、最も重視すべきことは何ですか?
・組織にどんな取り組みがあったら嬉しいですか?
・チームをどのように変化させたいですか?

【演習】活躍している女性リーダーの特徴を理解する。
【柔軟なコミュニケーション】
【誰に対しても公平である】
【感情をコントロールできる】
・今まで経験した事例をシェアする。ロールモデルや理想の姿を具体化する。

【演習】部下や後輩がチームリーダーに期待することを理解する。
リーダー像を具体化しながら、自分事として焦点を絞っていく。

【演習】女性リーダーに求められる「リーダーシップ力」とは?
自分らしさを意識しながら、改めて描いてみる。

【演習】あなたらしさを活かしたリーダー像を明確に描こう!①
・1年後の目標を明確に描こう!
○夢をかなえるワン・ツー・スリーの法則を理解する。
【夢(目的)を描く思考プロセス】
 夢を実現する、目標を達成するには、その 順番が大切です。
GROWモデル

【演習】あなたらしさを活かしたリーダー像を明確に描こう!②
・夢の4つの視点を理解する。
 自己の充実に加えて、「他者への貢献」や「社会への貢献という視点で夢を描くことにより、他者や社会との関係にける自己の価値や意義を強く意識し、社会性や公益性を引出すフレームワークです。

【演習】理想の姿に近づくために「断捨離」ではなく残したいものは何ですか?

【演習】最も重要なインサイト(気づき)は何でしたか?

【演習】あなたらしさを活かしたリーダーになるために
具体的にどんなことをしますか?
理想のリーダーに近づくためにすぐに行動することができるようになり、自信に繋がる。

ワーク紹介

【アイスブレイク】points of you (写真コーチングカード)を使って自己紹介。「あなたが人と関わるときに心がけていること 」カードに投影することで素直に客観的に「人と関わる時の自分のありかた」を話すことができます。現在抱えている人間関係の課題やネガティブな感情が表現されやすく、お互い言葉にすることで、心がオープンになりリラックスできます。
【演習】あなたらしさを活かしたリーダー像を明確に描こう!②
夢の4つの視点(4つのフレーム)を理解し、1年後のありたい姿をwish mapに描き発表します。
この発表はアファメーションの効果があり、 自己の充実に加えて、「他者への貢献」や「社会への貢献という視点で夢を描くことにより、リーダーとしての自己の価値や意義を強く意識し、社会性や公益性を引出すフレームワークです。

お客様の声

・写真を通してこれほどのセッションやワークができるなんて、びっくり、感動です。自分の根本の真実に短時間でふれることができ、とても深い体験でした。
・フレームワークを通して自覚していなかった潜在的な欲求に気づいて驚きました。
・今の環境に感謝し前向きな気持ちになりました。チャンスを活かしたいと思います。
・自分のキャリアを活かしつつ、リーダーとしてチャレンジすることを誇りに思える私を見つけたいと思いました。


講師からのメッセージ

横山 秋子

AKIKO YOKOYAMA横山 秋子

リーダシップに対するアレルギーや、ネガティブなイメージを抱いていると一般的なビジネスリーダー養成プログラムでは、プレッシャーを感じ、自己尊重感がさらに低くなることがあります。それに対して、本研修では心をオープンにして、まず「ありたい姿を明確化する」ことに重きを置き、自分への信頼を取り戻します。さらに、メンタリングマネジメントをベースにした手法を知ることで行動が変わり、部下との関係づくりにも自信をもてるようになります。
参加者が心からの充足感に満たされ「働く幸せ」「生きる歓び」に繋がる『場』をつくってまいります。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png