ハラスメント対策研修パワハラ防止法の理解を深めハラスメントのない職場/2時間、時間のカスタマイズ可能

ベーシックマネジメント研修

こんな課題に対する研修です

全ての企業に2022年4月からパワハラ防止法が執行されます。経営者の皆様がどのように対策をするのか悩んでいないでしょうか。
ハラスメントは早期に発見して組織で取り組むのが重要です。

・職場でパワハラ・セクハラが起きていないか心配
・社員はハラスメントの知識があるのか
・安心して働ける職場にしたい

このような課題を解決するために経営者の責務や義務をパワハラ防止法に沿って解説します
。事前のアンケート調査では社員のハラスメント認知度、職場の課題を共有化して組織で取り組む対策を提案します。                                          

対象者

新人、一般社員、管理職、経営職

研修の期待される効果

デフォルト画像

・事業主のハラスメントに対する義務・責務が社内で共有されていない
・職場でのハラスメント問題が放置がされている
・社員のハラスメント知識があるのか

デフォルト画像

・明確な方針、ルールを決める、相談窓口の設置などハラスメント対策の内容を知る
・組織でハラスメント問題を解決できる
・安心して働ける職場
・社員の言動変革、コミュニケーション能力の向上
・部下への指導スキル向上

研修プログラム例

■パワハラ防止法とは
厚生労働省が示している指針を理解し対策の具体的行動を理解できる
【内容】
・事業主の責務
・事業主の義務
・労働者の責務
厚生労働省の指針に沿って社員が理解しやすく紐解いて解説

■ハラスメントを理解
パワハラ、セクハラの定義、過去の事例からハラスメントの理解を深める
【内容】
パワハラ6項目
・身体的な攻撃
・精神的な攻撃
・人間関係からの切り離し
・過大な要求
・過小な要求
・個の侵害
セクハラ2項目
・対価型セクシャルハラスメント
・環境型セクシャルハラスメント
合計24事例を図解で解説

■ハラスメントで気をつける言動
ハラスメントで気をつける発言・行動やハラスメントを受けたときの対処方法を知る
【内容】
・パワハラで気をつける発言や行動
・セクハラで気をつける発言や行動
・言動の内容・容態・方法について
・ハラスメントの注意点
・ハラスメントを受けたときの対応
について解説

■会社が準備すること
対策の順序や階層、担当部署、担当者の役割がわかる
【内容】
・社長がハラスメントを許さないことを表明する
・ルールを決める
・相談窓口を設置
・解決策
・現状調査
・社員教育
・再発防止の取り組み
会社が準備することを順序に沿って解説

■組織で取り組むハラスメント対策
担当部署、担当者の具体的な行動を理解する
【内容】
・ハラスメント相談窓口のフロー
・面談の時の参考資料のフォーマット
・望ましい取り組みについて
上記の内容を解説

■ハラスメントアンケート調査の共有
社員のハラスメント認知度、職場のハラスメント現状、問題点が共有できる
【内容】
参加者が事前に匿名によるハラスメントアンケート調査を実施し内容を共有する。
・パワハラ6項目の認知度
・セクハ2項目の認知度
・職場のハラスメント状況について
・職場のハラスメントの問題点について

▼研修のウリ!
「パワハラ防止法」の法令化に伴い企業の対策方法が理解できる内容です。
パワハラ6項目、セクハラ2項目の事例を図解による解説で理解しやすく、ハラスメント対策を組織で取り組む仕組みの構築になります。
またアンケート調査で職場の問題点を共有化して対策を打つことができる。

お客様の声

ハラスメントの根本的な考え方、自分の意識のずれ、雇用者側の注意点と対策が把握できた。

講師からのメッセージ

田澤 良行

YOSHIYUKI TAZAWA田澤 良行

ハラスメントは社会問題になっています。被害者の方は身体的、精神的に過大な負荷を受け正常に生活ができなくなっています。
被害者が今度は加害者になる傾向が高くこの負の連鎖を早く止めることが重要です。企業が組織で取り組む仕組みを構築してハラスメントが起こらない安心な職場にするための研修です。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png