職場のパワーハラスメント~ルールとコミュニケーションで働きたい職場に~パワハラがない組織をつくる (1時間半~2時間)


こんな課題に対する研修です

ハラスメントとは何かを社内で共有したい
会社側の「ハラスメントを許さない方針」を社員に周知したい
ハラスメントの理解をきっかけに職場のコミュニケーションや指導のあり方を考えたい

対象者

全階層、管理職、若手、中堅

研修の期待される効果

デフォルト画像

指導方法をめぐって上司と部下に壁がある
上司がパワハラを恐れるあまり、部下の指導方法に悩んでいる
社内の信頼関係ができていない
ハラスメント相談窓口を作ったが全く利用されていない

デフォルト画像

パワハラについて上司と部下の間で共通認識ができる
上司はパワハラとの違いを意識した部下指導ができ、部下は上司の指導を受け入れられる
社内全体でパワハラを起こさない環境づくりに取り組める
相談窓口が機能し、トラブルの事前防止ができる

研修プログラム例

1 パワハラの現状と世の中の動き
   ハラスメントの法改正
   深刻なハラスメントの現状と会社に与える影響
2 職場のパワハラとは?
   職場におけるパワハラの定義
   代表的なパワハラの形(パワハラ6類型) 
3 パワハラを生まない職場づくり
   職場の人間関係とは
   指導とパワハラの違い
   パワハラを受けないために
   パワハラは組織の問題~第三者ができること
まとめ

ワーク紹介

(ロールプレイ・ワーク「水曜日の上司と部下」
  パワハラになりかねない場面をロールプレイで再現する(台本あり)
  台本の中から「指導ではなく制裁と感じるセリフ」「人格を否定しているセリフ」を抜き出す
  なぜ、こうなったのか、上司と部下の背景を考えて発表する
(展開1)
  「指導」と「パワハラ」の違いを学んだあとで、時間を巻き戻した場面のロールプレイにより変化を考える
(展開2)
  部下の行動の見直しを学んだあとで、時間を巻き戻した場面のロールプレイにより変化を考える

お客様の声

大変難しいテーマをわかりやすくお話しいただきありがとうございました。(研修御担当者様)
聞きやすくあっという間に時間が過ぎました。(受講者様)
講師の伝えたい気持ちを感じる研修でした。(受講者様)

講師からのメッセージ

小西 千里

CHISATO KONISHI小西 千里

「なぜ、今、パワハラ防止研修を受けているのか」を意識しながら研修を受けていただける、受講後には「行動が変化する」研修です。受講者それぞれの行動が「何か変わる」ことで会社の雰囲気が「すっかり変わる」ことを目指しています。
全階層が同じ研修を受けることで、上司側、部下側の両方の視点が意識でき、組織内での共通認識ができますので、ハラスメント対策の導入時に最適な研修です。
設定時間によりワークや意見交換の時間を調整いたします。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png