保育士としてのキャリアを考える〜理想の自分を実現するために〜(半日)


こんな課題に対する研修です

保育士は目の前の子どもの命を守ることを最大の使命としながらも、時間に追われ、職場内や保護者との関係性にも悩むみ立ち止まって考える余裕がない。そこで前半は現在の悩みを共有し人間関係をスムーズにする視点を知り、後半は原点に立ち返って、自身の保育観とこれからのキャリアを考えるきっかけとする

対象者

入社3年目

研修の期待される効果

デフォルト画像

・職場や人間関係の不満があり、日々仕事に追われ、将来の事を見通せていなかった。

デフォルト画像

・アイメッセージで伝える方法や怒っても仕方ないことに怒らないことを知り、3年後の自分を想像し行動してみようと思った。

研修プログラム例

1.オリエンテーション
 (1)講師自己紹介
 (2)本日の研修目的
 (3)グループ内自己紹介
(4)アイスブレーク
2.円滑なコミュニケーションのために
 (1)悩みの共有
 (2)原因と解決策を考える
 (3)ヒント
  ・感情労働であること
  ・怒ってよいこと意味のないこと
  ・アイメッセージで伝える
  ・返報性の法則
3.キャリアを見つめる
 (1)保育を目指したきっかけ
 (2)理想像を語る
 (3)身近な理想の人を探す
 (4)現在の姿とありたい姿を明確化
 (5)現在あるリソースと足りないリソースを洗い出す
 (6)アクションプランを作る
 (7)宣言する
4.まとめ
5.アンケート記入、解散

講師からのメッセージ

椿 美雪

MIYUKI TSUBAKI椿 美雪

生きていることは楽しいと思ってほしい。役に立っていると実感できることは多くの人にとって働く上でのモチベーションになります。働く方だけでなく、これから働きたい方も働きたくても働けない方も、女性も外国人もLGBTの方も皆同じように、自己効力感を日々感じていただきたいです。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png