チームワーク作りのためのワークショップ ~お互いの「新大陸」を発見しよう!~(半日:1日が望ましい)


こんな課題に対する研修です

・部門長とメンバー間のコミュニケーションや信頼感に課題
・部門長のビジョンが浸透していない
・メンバー間も十分にコミュニケーションが取れておらず、相手が本当は何を考えているか分からない状態。
・チームワーク力も弱い。

対象者

部門長とメンバー

研修の期待される効果

デフォルト画像

・部門長とメンバー間のコミュニケーションが不十分で互いに思っていることが十分に伝え合えていない。その結果、やや信頼感に課題あり。
・部門長のビジョン(こうあって欲しい、このように仕事をして欲しいという思い)が浸透していない。
・普段から話し合う機会が少なかった。

デフォルト画像

・互いの思いが共有できて、話しやすい雰囲気が生まれた。
・自分(メンバー)からも指示の不明点等を確認していき、納得した上で業務に取り組むことや、きちんと日頃の気持ちや想いを話し合う機会づくりをする動機づけができた。
・抱え込まないで、上司への相談ができている。
・今まで以上にチームワークで仕事に臨むことへの動機付けが図られた。
・残業時間の減少。

研修プログラム例

・部門長とメンバーを集めてのリーダーズ・インテグレーションを行う。
・相互への役割期待と理解を深め、部門長の思いに応えるような行動計画を考えてみる。

ワーク紹介

1.オープニング
(1)オリエンテーション
(2)グランドルールの説明
2.リーダー(部門長)を知る
(1)部門長からの思い(メンバーへの期待やビジョン)の発表(その後リーダー退出)
(2)メンバーから意見出し
  ・部門長について知っていること
  ・部門長について知りたいこと
  ・部門長に知っておいて欲しいこと
  ・部門長の思いに応えるためにできること
3.リーダーとメンバーの対話
(1)部門長からの回答(部門長入場)
(2)参加者全員で討議
4.振り返り(クロージング)

お客様の声

・日頃言えないことが言えました。謂えたことで、心がすっと軽くなったような感じを受けました。
・上司がどのような物事を考え、指示を出しているのか分かった。
・普段の仕事では感じていなかったそれぞれの気持ちを知ることができた。相手の考えを理解することと、自分の気持ちを相手に伝えることでより良い仕事ができるようになる。
「これからの活用について」:
・顔を合わせたコミュニケーションの場を増やす。
・スムーズな業務進捗、楽しく働けるよう、上司、同僚も含めてより良いコミュニケーションがとれるよう努めていきます。
・今回明確になったことをヒントに、自分からも指示の不明点等を確認していき、納得した上で業務に取り組む。
・今まで以上にチームワークで仕事に臨む。
・きちんと日頃の気持ちや想いを話し合う機会づくりを進めていきたい。
部門長のコメント:
・相手のことを知ることができたので声かけの仕方がこれまでと変わった。部門内の会話がいままでよりスムーズになっている。結果、抱え込まないで、相談ができている。マイナスより楽しいこと・やりたいことを考えるようになり効率が良くなった。残業時間が減りました。
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png