関係性強化プログラム「人と人」「部門と部門」の『間』に、業績向上・組織成長の鍵がある


こんな課題に対する研修です

組織の望ましい姿は、
1+1=2ではなく、1+1=3,5,10・・・ となっていくこと。
社員・部門同士で刺激を与えあい、協働することで相乗効果を生んでいくことと言えるでしょう。
しかし、社員間、部門・部署間で信頼関係が充分に築かれていない企業では、
1+1=2どころか、1+1= 1,0.5,0.3・・・ となり、
互いの力を相殺させてしまっている場合があります。
結果、一人ひとりの社員は、優秀で努力もしているが、組織として成果は上がらないという状況に陥ります。
・部門・部署内の社員(上司・部下間、同僚間)の関係性
・部門・部署間の関係性
を強化することで、組織の本質的な生産性向上を図ります。

対象者

全社員

研修の期待される効果

デフォルト画像

◎前期プログラム
1.関係性マネジメントの重要性確認
2.組織(チーム)ビジョン・ステートメント策定
3.関係性強化の課題検討
4.関係性強化の施策検討

◎後期プログラム
1.リフレクションミーティング
2.アクションミーティング
3.クロージング

課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png