ラポール(信頼)形成研修ラポール(信頼)ポイントで決まる社内風土 6時間(分ける場合は3時間×2日)開催場所や都合に合わせて調整可能


こんな課題に対する研修です

従業員同士の人間関係がギスギスしていたり、遠慮し合っている状態を改善します。
また、新しく部下を持ちリーダーとなる方には、リーダーシップを発揮するためのセオリーを学ぶことができます。
心理学者のE.Pホランダーが提唱する信頼蓄積理論(リーダー個人のスキルに焦点を当てるのではなく、リーダーと部下の関係性に焦点を当てた考え方)を元に組み立てられたプログラムになります。
従業員が他責で考え自責になっていないなど、従業員の意識変革を促すプログラムであり、プレゼンテーション(自己開示)も自然な形で行うので、自分自身を振り返ることができます。

対象者

新入社員 内定者 部署内 他部署間 (若手~管理職・経営者まで可能)

研修の期待される効果

デフォルト画像

・人間関係がギスギスしている
・リーダーシップを発揮できず悩んでいる人がいる
・チームとしてのまとまりがなく、チームワークが発揮しきれていない
・自責にならず他責で考える人がいる

デフォルト画像

・人間関係が改善される
・リーダーシップを発揮する糸口が見つかる
・チームワークが改善される
・他責ではなく自責で考えることを意識する様になる

研修プログラム例

10時~
■講義&発表「信頼蓄積理論(ラポールポイント)について」
①ラポール(信頼)について
②ラポール(信頼)形成の法則
③ラポール(信頼)ポイントの特典
④正しいことを言っても伝わらない

11時30分~
■講義&発表「自分が自分の人生の主人公になる」
①「自分」にフォーカス
②現象の本質をとらえる
③未来を信じる
④可能性を生み出す
⑤墓石に刻まれた言葉

14時~
■講義&発表「自分が仲間の人生の名脇役になる」
①「仲間」にフォーカス
②仲間を承認する
③仲間の自尊心(プライド)と「立場」を大切にする
④仲間の「大切なもの」を大切にする
⑤偽善にならない

15時30分~
■講義&発表「自分と仲間で名作を作る」
①「楽(らく)」から「楽(たの)しい」へ
②「ありがとう」の気持ちを持つ
③自らが自己開示をする
④Iメッセージで語る
⑤褒めてねぎらう
⑥達成するまであきらめない

ワーク紹介

ラポール(信頼)ポイントやリーダーシップについてのセオリーを学んだ後に、「ラポール(信頼)ポイントを失くしてしまったこと、もしくは獲得したこと」「他責にしていたこと、あるいは自責で考え対応できたこと」といったテーマで自分自身の人生を振り返り、プレゼンテーションという形で発表しシェアします。
ラストプレゼンテーションの「今までで最も感謝すること、あるいは助けられたこと」では、感極まって泣き出す人もいます。

お客様の声

学生時代~20代前半頃までは当たり前のように思っていたことが今の役職になっていくにつれ、いつの間にか忘れていた事に気付くこととなりました。自分なりに今後の部下育成時に役立てる事は無いかと模索しながら受ける事も出来ました。その中でも私が特に重要視したのはやはり「信頼」でした。信頼蓄積理論(クレジット・アキュミレーション理論)を学んだ際には過去の自分の発言や行動によってプラスまたはマイナスに作用した記憶が甦り、仲間との繋がりの大切さを深く考え直すことが出来ました。

やはり職位が上がるにつれ、矢印が自分ではなく部下に向きやすくなってしまいます。ただ自分の過去を振り返ってみると、その様な上司には付いて行けないと言う感情、その様な上司にはなりたくないと言う感情がありましたが、今となればその様な上司にはならないと注意はしているが同じ様な事をしている自分がいます。なので、自分に矢印を向け、未来にフォーカス・自分にフォーカスし、部下からの信頼ポイントを下げる事がないようにしていきたいと思いました。

講師からのメッセージ

蔀 晋輔

KENSUKE SHITOMI蔀 晋輔

この研修は、意識をしていないと他責になり、人にばかり矢印を向けている自分に気づく様になっています。
気づいた上でそれをシェアすることで、罪悪感を感じるのではなく、今後は気をつけて自責で考えようと思えます。
ラポール(信頼)形成のセオリーを学ぶだけでなく、それに対して自分はどうだったのか?これからはどうしていくのか?を意識して考える機会になります。
また、部下をまとめきれないリーダーにとってはバイブルとなる内容となっています。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png