新人フォローアップ研修 プレゼンスライド作成② 社内・社外で「通る」資料を作成する方法採用される資料作成のための簡単フレームワーク/オンライン90分

チームワーク作りのためのワークショップ

こんな課題に対する研修です

資料作成は過去の資料を参考に作り、上司や先輩にチェックしてもらったりして見よう見まねでなんとか乗り切ってきたが、いざ一から自分で作る時どうやって作ればいいのか・・・・。
できるだけシンプルに、1スライド1メッセージ、フォントはできるだけ大きく、色を使いすぎないよう、写真もつかったりしてデザインは見やすくはしてきたが、社内外で「通る」資料を作成するにはどのような構成で作ればいいのかを学びたい方向けの内容です。

対象者

入社6か月以降の若手社員

研修の期待される効果

デフォルト画像

・フォントの大きさや、色などの資料のデザインばかりにこだわって作成している。
・資料に必要情報のぬけもれがあり、やり直しが多い。
・お客様になかなか提案を受け入れてもらえない。

デフォルト画像

・デザインの見やすさはもちろん、構成もしっかりしているため、相手にわかりやすい。
・必要情報がぬけもれなく網羅されている為、やり直しが少ない。
・先方に提案を受け入れてもらえる確率が高い。

研修プログラム例

■通る資料 ステップ① 「Why」
「Why」を理解する。
<内容>
・背景
・目的
・現在の問題点
導入は相手の「なぜ」に答えていく

■通る資料 ステップ② 「What」
「What」を理解する。
<内容>
・コンセプト
・実現イメージ
・機能紹介
・対比
・期待効果
この資料で言いたいことは何なのか主張を伝える

■通る資料 ステップ③ 「How」
「How」を理解する。
<内容>
・実現方法
・コスト
・スケジュール
Whatで伝えた主張が絵にかいた餅でない”とどうやって実現するのか”を伝える。

▼研修のウリ!
実施後、以下のメリットが期待できます。
・デザイン的にも見やすく、構成的にもわかりやすい資料が作成できるようになります。
・社内外に採用されやすい資料が作成できるようになります。
フレームワークに沿って簡単に資料を作成することにより作業時間の短縮にもつながります。

お客様の声

・今までプレゼンのデザインばかりこだわっていたが、構成もしっかりした資料が作成できるようになった。
・3つのステップに沿って簡単に作成できるため資料作成の時間が短くなった。

講師からのメッセージ

小島 恵理子

ERIKO KOJIMA小島 恵理子

今まで見よう見まねでデザインばかり気にして作成していた資料を、フレームワークに沿って構成をしっかり組み立てて作ることにより、わかりやすく、社内外で通りやすい資料に変えることができます。
提案をなかなか受け入れてもらえない、資料作成のやり直しが多い方にぜひ受講していただきたい内容です。
【プレゼンスライド作成】:「初心者向けスライドの作り方とプレゼンテーション」と「超簡単図解作成術」と併せて1日コースにすることも可能です。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png