新人フォローアップ研修 身につけたい仕事術③ 傾聴力を高める3つのステップ優秀な営業員が実践する傾聴力/オンライン90分

部下のモチベーションを高める

こんな課題に対する研修です

優秀な営業員になるには傾聴力がとても大切です。
なぜなら
①正しいインプットによってアウトプットの質が上がる
②仕事でのコミュニケーションエラーを防ぐ
③話をきけることでお客様からの信頼を得られる
傾聴の重要性は理解しているが、なかなか人の話が聞けないという方に、相手の目をみてうなずく、相手との距離、ボディランゲージといった一般的な傾聴力研修ではなく、”優秀な営業員”が実践する傾聴力を高める3つのステップを学びます。

対象者

入社6か月以降の若手社員

研修の期待される効果

デフォルト画像

・正しく話がきけない。
・あうんの呼吸でのコミュニケーションが多く、ミスが多い。
・商談で一方的に話している。

デフォルト画像

・良質なインプットによって商談やプレゼンの質が向上する。
・正しく聞けることにより、ミスコミュニケーションがなくなる。
・聞くことが上手くなることにより、お客様からの信頼度が高くなる。

研修プログラム例

■なぜ傾聴力が必要か
なぜ傾聴力が必要かを理解する。
<内容>
・なぜ傾聴力が必要か
・傾聴力を高める3つのステップ

■傾聴力を高めるステップ①「事前仮設構築」
「事前仮設構築」 を理解する。
<内容>
・なぜ相手に聞くなら事前準備が必要なのか
・どのような準備が必要なのか
・どのように仮説を構築していくのか

■傾聴力を高めるステップ②「アクティブリスニング」
「アクティブリスニング」 を理解する。
<内容>
・人が無意識におこなっている「自分本位で都合の良い聞き方」とは
・目指すべきはアクティブリスニング
・アクティブリスニングのやり方

■傾聴力を高めるステップ③「発言内容整理」
「発言内容整理」を理解する。
<内容>
・「発言内容整理」とは 
・「発言内容整理」の3つのポイント
①過去か現在か未来かを整理する
②事実か意見かを整理する
③あいまい表現を整理する(会社独特の用語・システム愛称・カタカナ用語など)

▼研修のウリ!
実施後、以下のメリットが期待できます。
・仕事上のミスコミュニケーションを劇的に減らします。
・相手の話が聞ける商談ができるようになり、お客様からの信頼を得て、商談の成功率を上げることができます。
優秀な営業員が実践している傾聴力を身につけることにより、社内コミュニケーションの向上と商談の成功率アップを狙うことができます。

お客様の声

・頭に浮かぶことをどんどん質問していたが、相手に聞く時は事前に下調べをして、仮説を組み立てて、質問内容を整理することが大切だと実感した。
・優秀な営業員がなぜ話を聞くことが上手いかよくわかった。商談ではいつも自分ばかり話していたが、これからは相手の話をちゃんと聞こうと思います。

講師からのメッセージ

小島 恵理子

ERIKO KOJIMA小島 恵理子

一般の「傾聴力」研修では話を引き出すためのうなずき、オウム返しをするといった傾聴力スキルがメインですが、本研修は結果を出している人が実践する傾聴力の内容になっています。
受講することにより、コミュニケーションの向上や商談の成功率アップにもつなげることができます。
身につけたい仕事術:「前もって行動する働き方」と「人を動かす話し方」とあわせて1日コースも可能です。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png