リーダーのためのコミュニケーション聞き方、伝え方、共感力の基本を身につける (2〜3時間)


こんな課題に対する研修です

人材不足に悩むことが多い現状の中、職場の心理的安全性は必須です。そのためには部下・後輩とよい関係を築き、相手の考える力、モチベーション、創造性を引き出すことが重要です。効果的なコミュニケーションスキルをリーダーが身につけ、部下や後輩の潜在的な能力を引き出し、相互理解、相互信頼を築くことがテーマです。心理学、教育学に裏打ちされたアメリカの心理学者トマス・ゴードン博士のコミュニケーショントレーニングのと考え方とスキルを体験しながら学ぶ研修です。

対象者

管理職、リーダー、周囲の主体性を引き出す関わり方を修得したい方

研修の期待される効果

デフォルト画像

・部下・後輩に対して、ついつい自分の価値観を押しつけて、指示、命令で動かそうとする。
・部下・後輩に対して、一方的なコミュニケーションをしてします。
・部下や後輩が悩んだり、困ったりしている時に良かれと思ってアドバイスするがかえって関係を悪くする
・部下や後輩のやる気をくじくような言い方をしてしまう。

デフォルト画像

・部下・後輩が安心して自分の意見や価値観を共有することができる。
・部下・後輩と相互通行のコミュニケーションが可能になる。
・部下が悩んだり、困ったりしている時に効果的な援助ができる。
・部下・後輩に対して誤解を招かないような分かりやすい指示や指導ができる。

研修プログラム例

1.心理的安全性を構築するコミュニケーションの土台
部下や後輩が安心して考えや意見が言え、モチベーションが上がるように、リーダーが身につけておくべきコミュニケーションのスキルや考え方を身につける内容
【演習】人間関係の土台になる挨拶の基本<全員で挨拶>(アイコンタクト・表情・サインのキャッチ)
・コミュニケーションに欠かせない基本とは
・効果的なコミュニケーションとは
【演習】やる気をくじく対応とは?(グループディスカッション)
・一方通行のコミュニケーションのリスク

2.悩んだり、困ったりしている部下への効果的な援助
部下が悩んだり、困ったり、問題をかかえている時にこそ聞き手になることが効果的で、相手の考える力や発想力を引き出すチャンス
【演習】能動的な聞き方をロールプレイで体感
・効果的な聞き方を体感することで、聞く力が身につく
・能動的な聞き方はなぜ効果的なのか

3.相手に誤解されない叱り方
【演習】やる気をなくし、反発したくなる叱り方(グループディスカッション)
・自己表現の大切さ
・相互通行のコミュニケーションで問題解決

ワーク紹介

ロールプレイを通して客観的な視点で自分のコミュニケーションを振り返ることができます。
参加者同士でディスカッションをすることで気づきが生まれます。
自己表現の構文を知ることで、自分の考えや気持ちを伝えやすくなります。

お客様の声

*「お決まりの12の型」のロールプレイで、後輩に対応する時に自分もしてしまっていると気が付きました。
*表現力が下手なのでなかなか伝わらないことが多く、いらいらしながら話をしてしまうことがあるので話し方一つで伝えることが出来ることが分かりました。
*実際に学んだ事を練習しながら再確認できたので非常に身になる研修だった。職場に戻ってすぐに実行しようと思います。

講師からのメッセージ

瀬川 文子

FUMIKO SEGAWA瀬川 文子

本講座はアメリカの臨床心理学者トマス・ゴードン博士のメソッドをお伝えします。ゴードンメソッドは実践的だと世界で高い評価を得ています。法人研修としても個人セミナーとしても幅広い層から支持されています。土台は心理学、教育学でありますが専門的な知識がなくても分かりやすく、スキルを身につけるだけでなく、自己理解が深まり、多くの気づきを得られます。職場だけでなく、あらゆる人間関係に応用できるプログラムのエッセンスをお伝えします。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png