心を動かすメンタリズムコミュニケーション~自分の魅力を最大限引き出す方法~(5時間)


こんな課題に対する研修です

(特徴)メンタリズムを活用することで興味を引き付ける
普段テレビで見ているようなパフォーマンス間近で見られる
注意を引き付けながら飽きない研修コンテンツである。
(効果)営業活動にメンタリズムを使い相手のニーズを探る
相手の興味関心を見抜き話題にする
相手の話の引き出し方を考える。

対象者

全職層

研修の期待される効果

デフォルト画像

受身的から積極的になる。思い込み、錯覚をしることによりコミュニケーションの本質を知り行動が変わる。新たな自分の魅力と強みを発見する事で自己肯定感が高まる。

研修プログラム例

1.オリエンテーション
 1)講師自己紹介
 2)メンタリズム実践(フォーク曲げ)
 3)良いことを数える
2.相手に興味関心を持つ方法
 1)記憶力
 2)雑談力の伸ばし方
 3)相手の観察をする大切さ
 4)どのように観察をするか
 5)他己紹介
3.相手に興味関心を持ってもらうためには
 1)どんな人に興味を持ちますか
 2)第一印象とは何か
 3)相手の強みを見抜く
4.相手の話を聴く  
 1)傾聴ってどういうこと? どんなメリットがある?
 2)聴いているようできいてないこと
5.相手に伝わる伝え方
 1)よりよいコミュニケーションの3ポイント
 2)論理(PREV法)
 3)感情(自分の感情コントロールと相手に感情を知る)
 4)信頼(信頼と信用の差は?)
信頼される人になるために何が必要?
 6.振り返り  
 1)どの内容が印象的であったか
 2)実践したいことは何か
■3ワードプロフィール
■メンタリズムとは何か→相手の心を誘導するわけではない。驚きから相手の興味を引き付け、自分も相手に関心をもつことでコミュニケーションのきっかけを作ること(フォーク曲げ)
■人は色々なものに誘導されている。情報も誘導されている好きになったり好きな部分しか見えない。嫌いになったら嫌いな部分ばっかり目に付く
私達は興味があることしか見てないんだ ↓ブリッジ
■記憶力に興味はありますか?もし記憶力がもっとよくなったら何をしたいですか?記憶は映像で覚えるとアップする■相手にどのくらい関心を持っているか
■相手を観察する方法 (ザコード)→無意識のしぐさの仕組みを知る
■座る位置や距離によって相手の感覚が変わる
■強みカードを活用した相手の強み発見方法
■傾聴とは何か具体的には何をするか
■こってりラーメンの法則 
■論理 感情 人間力(信頼)
■PREV法実践
■感情をこめて話をする 表情と内容が違うと相手は混乱する
■信用はそれまでの実績 信頼は一瞬で決まり崩れるだから信頼は大切 信頼されるためには 相手にフォーカスすること
■振り返りを行い記憶にとどめることを促す

お客様の声

TVなどで見るメンタリズムを活用した研修はインパクトがあり発見と学びがあった。受講者同士で話をする時間が多く、自分を振り返り気づきがありました。。コミュニケーションが円滑になりそうです。

講師からのメッセージ

山口 道成

MICHINARI YAMAGUCHI山口 道成

自分の言ってること、やっている行動が言行一致をすること、これにより自分への自信にもつながり、発言力も強く魅力的であれると思います。
常に中身と外がずれないようにして正直な人間、講師として言動に気をつけて影響力を持ちたいと思います。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png