クリティカルシンキング~情報や物事の本質を見抜く力を養う~(1日:7時間)


こんな課題に対する研修です

■研修のねらい
 ①クリティカルシンキングの基礎的な考え方を習得する。
 ②物事をありのまま受け入れるのではなく、現状を「疑う力」を身に付ける。
■研修のポイント
 ①クリティカルシンキングの基本的な考え方や基本姿勢を理解し、身につけるメリットを知る。
 ②思考力を鍛えるための、論理性、中立性や前提や思い込みなどの重要な要素について考える。
 ③クリティカルシンキング実践のステップを学び、それに沿って考える演習を行う。

対象者

若手社員~管理職/経営者

研修の期待される効果

デフォルト画像

・何事においてもすんなりと受け入れてしまう。情報をうのみにしてしまう。
・前例や固定観念に縛られて、新しい仕事の仕方や考え方を生み出すことができない。
・自分自身の仕事の進め方がマンネリ化している。組織の仕事のムダを発見することができない。

デフォルト画像

・何事においてもすんなりと受け入れるのではなく、「本当にそうなのか」「これでいいのか」と一歩立ち止まり、疑うことができるようになる。
・前例や固定観念に縛られることなく、多面的に物事を見ることができるようになり、新しい仕事の仕方や考え方を生み出すことができるようになる。
・疑う姿勢が身につくことにより、自分自身の仕事の進め方や組織の仕事のムダを発見し、それをなくすような取り組み・行動に貢献できるようになる。

研修プログラム例

1.クリティカルシンキングとは
(1)クリティカルシンキングとは
 ①クリティカル・シンキングの定義
 ②クリティカル・シンキングを意識する目的と重要性
 ③クリティカルシンキングを使うメリット
 【演習】担当業務やビジネス以外の日常場面で考えてみる
(2)クリティカルシンキングの3つの基本姿勢
 ①目的は何かを常に意識する
 ②思考の癖がある事を前提に考える
 ③問い続ける
(3)問題解決のための3つの思考法
 ①ロジカルシンキング、ラテラルシンキング、クリティカルシンキング
 ②3つの思考法の特徴
2.クリティカルシンキングの3つの要素
(1)論理性
  【演習】主張へのプロセスを根拠を持ってつなげる
(2)中立を保つ姿勢
  【演習】メリット、デメリットを考える
(3)前提や思い込みを把握する
  【演習】思い込みに気づく
3.クリティカルシンキングの実践
(1)疑ってみる
 ①常識・前提 ②構造・思考の深さ ③因果関係 ④思考の幅 ⑤先入観
  【演習】ケースをもとに「疑う」訓練を行う
(2)他の視点から物事をとらえてみる
(3)新しい主張・見解を出してみる
4.総合演習【演習】
5.1日の振り返り【演習】

ワーク紹介

・クリティカルシンキングの3つの要素の「思いこみに気づく」演習は、ゲーム感覚で見たり、聞いたり、手を動かしたりするなど、五感を使いながら体感するワークを行います。
・クリティカルシンキングの実践、「疑ってみる」の演習は、ケースをもとに個人ワークを行い、次に、グループワークで他の参加者と意見交換することで、さまざまな視点や考え方に触れます。さらに自分の業務に置き換えて「疑うべきこと」を考えます。

お客様の声

・楽しく学ぶことができました。先生のお人柄のおかげで緊張せずに受講できました。
・お客様からの申し出をうのみにせずに疑問を持つこと、そして質問することを実践していきたいと思います。
・時々、事例(経験談)を交えて話してくださったので、説得力がありました。
・自分の主観や感情にとらわれず、多角的な見方を持ち、相手が望む内容に応えられるように業務にあたります。
・前提をしっかりと理解した上で、「なぜ」を意識していきたい。

講師からのメッセージ

今西 正和

MASAKAZU IMANISHI今西 正和

グローバル化が進み、様々な情報が飛び交い、常に変化が起こり続けている時代においては、素早く的確な判断をすることが求められます。そうした中、クリティカルシンキングは重要なビジネススキルとして、多くの企業(主に海外)に認識されています。クリティカルシンキングとは、子供のように「なぜ?」「どうして?」「本当に?」 といった物事の本質を問う視点を持ち続けることを指します。本研修では、クリティカル・シンキングを身につけるメリット、基本姿勢、ポイントを理解した上で、実践的なケースをもとに演習に取り組み、クリティカルシンキングを体験しながら学びます。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png