OJT指導者研修 〜新人・後輩指導の基本スキル習得編〜(6時間)


こんな課題に対する研修です

【目的】
① OJT指導者として求められる心構え、役割を理解する。
② 組織が求める人材に育てるための育成計画の作成方法を学ぶ。
③ 業務の指示の出し方、指導方法を学ぶ。
【内容】
OJTの目的 ”自分で考えて動ける自立した人材の育成”であることをふまえ、その育成に際して、指導者の心構え・役割を理解し、育成計画、指導方法を学ぶ。

対象者

中堅社員~管理職

研修の期待される効果

デフォルト画像

「初めてOJT指導を任されたが、指導方法がわからない」
「その場限りの指導で部下が育たない」
「社内のOJTの仕組みがうまくいかず、指導担当者が一人で抱え込み、研修の効果が見えない」
「年齢差、経験差からギャップが大きく部下、後輩の心理が理解できない」という悩みを抱えている

デフォルト画像

①OJT指導者としての部下、後輩に対する接し方がを学び、彼らの心情を理解できるようになる。
②育成計画、指導方法を理解し、適切な事前準備によって組織全体で計画的にOJTに取り組めるようになる。
③指導者として自信をもって部下・後輩に接することができるようになる。

研修プログラム例

1.オリエンテーション
2.部下・後輩の心理を考える
 (1)当時不安だったこと
 (2)部下・後輩の不安を理解
3.OJTとは何か
 (1)OJTとは「On the job Training」
 (2)「実務能力」を習得させる
 (3)「仕事に対する考え方の軸」を確立させる
4.OJTトレーナーの役割
 (1) OJTトレーナーとして求められる心構え
 (2) 部下・後輩の現状を把握する
 (3) 育成計画をたてる
5.OJTの進め方
 (1) 指示の仕方
 (2) 指示した内容を確認する
 (3) 報告させる・相談を受ける
 (4) 効果的なほめ方
 (5) 効果的な叱り方
6.まとめ

お客様の声

・部下・後輩とのギャップがOJTの成果がでない要因だと思い込んでいたが、指導計画、指導方法に原因があったことが認識できた。
・自分の業務、OJTすべてを一人で抱え込んでいたが、部署全体で実施する仕組み作りの術を知り、負担感がなくなった。
・仕事は上司を見て学ぶべきだと思い込んでいたが、指導そのに対する概念が変わった。自分自身、、部下、後輩の立ち位置を確認し、行動を変えることで成長を促していきたい。

講師からのメッセージ

田中 淳子

JUNKO TANAKA田中 淳子

すべての人が働くことを通して、自分らしく輝ける人生、充実した人生を楽しめるよう個々の成長を支援したい。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png