ロジカルプレゼンテーション研修~聴き手の心を動かし、行動を促す、プレゼンシナリオの組み立て方~(3時間×2回/1日:7時間)


こんな課題に対する研修です

プレゼンテーションの目的は、相手の欲求に準じて自らの主張を理解してもらい、納得・共感を得ることによって、聴き手に期待する行動を起こしてもらうことです。
本研修では、プレゼンテーションの準備から発表までの流れを4STEPに分解して、効率の良い作業と効果的な発表に関わるスキルを伝授します。
STEPごとにワークを設けていますので、研修を通じて実務で使用するプレゼン資料の作成とリハーサルを実施することができます。

対象者

中堅社員~管理職/人前でプレゼンテーションする機会の多い方/情報過多で何を伝えたいのか分かりにくいプレゼンになってしまう方

研修の期待される効果

デフォルト画像

・膨大な資料をひたすら説明し続けるプレゼンをしていたため、社員にはほとんど影響を与えられなかった。
・顧客企業に自社商品の説明と自分の言いたいことをたくさん伝えていたが、なかなか受注できなかった。

デフォルト画像

・ロジカルにプレゼンシナリオを組み立てたおかげで、社員の理解と共感が得られ、組織を動かすことができるようになった。
・顧客企業のニーズに対するベネフィットとその根拠をロジカルに伝えることにより、顧客の納得感が高まり、受注件数が飛躍的に伸びた。"

研修プログラム例

3時間×2回バージョン
■Day1
1.イントロダクション
2.プレゼンテーション概要
3.コンセプトを立案する
(1)オーディエンス分析
(2)ニーズ分析
(3)自己分析
(4)目的・ゴール設定
【演習】FAB分析
4.シナリオを設計する
(1)情報のたな卸し
(2)スケルトンの組み立て
【演習】スケルトンを作成する
(3)詳細シナリオの設計
(4)シナリオのドレスアップ
【演習】シナリオシートの作成
5.ドキュメントを描く
(1)シート設計
(2)ビジュアルデザイン
【演習】下書きを作成する
■インターバルワーク
プレゼン資料の作成
■Day2
6.デリバリーする
(1)トークの基本
(2)印象記憶に残す表現
(3)さらに豊かな表現力
(4)自分らしさの演出
【演習】プレゼンロールプレイ

お客様の声

・実際のプレゼンに対して、具体的にアドバイスをいただけたので、非常に助かりました。資料のまとめ方、話し方、伝え方など、もう一度自分の実務に落とし込んで、考えていきたいと思います。
・より良い成果を出すために受講したが、より確度の高いプレゼンができる自信がついた。具体的な改善策をいただけたので、実践の場で活かしていきたい。

講師からのメッセージ

向川 敏秀

TOSHIHIDE MUKAIGAWA向川 敏秀

これまで東京を中心に活動してきましたが、50歳を過ぎて、地元への貢献を意識するようになりました。北海道の企業とそこで働くビジネスパーソンに成功体験をたくさん積んで欲しいという想いから、成功確率を高める「戦略思考プロセス」と、組織のチームワークを醸成していく所存です。 皆で喜びを分かち合えるドラマチックなビジネスを実現していただく、その一助となれば幸いです。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png