パワーハラスメント防止&アンガーマネジメント研修生産性・効率性アップ&働きやすい職場づくりを「理屈」と「感情」のセット研修で実現(90分~240分(貴社にあわせたプログラム、時間設定で実施します)


こんな課題に対する研修です

パワハラ防止研修は取り入れているが、受講して終わりになっている。
パワハラでやってはいけない理屈はわかっているが、実践が伴っていない。
相変わらずパワハラになりそうな出来事が起きており、一歩新たな取り組みをしたい。
感情のコントロールができていないと思われる社員がいるので、上手くコントロールするスキルを身につけさせたい。
そのような悩みや考えをお持ちの職場に対する研修です。

対象者

管理職、中堅社員

研修の期待される効果

デフォルト画像

パワハラが起きている、又はパワハラに近い出来事がある。
感情コントロールのできていない社員がいて、職場に不機嫌な雰囲気が漂い、コミュニケーションがない。
表に出さない怒りで業務の効率性が落ち、人間関係が悪くなっている。

デフォルト画像

パワハラにつながる行為に対して、社員皆が意識するようになっている。
昔とは違う今の職場環境のあり方を考えるようになっている。
感情コントロールに励んでいる社員がおり、周囲の職員も応援しているなど、コミュニケーションが増え、人間関係がよくなっている。
不必要な怒りをため込まず、生産性・効率性がアップしている。

研修プログラム例

1.職場におけるパワハラ対策の必要性・重要性
2.パワハラの概念、業務指導との関係、パワハラの6類型、判例解説
3.アンガーマネジメントで目指すもの、怒りの感情とは
4.アンガーマネジメントによるトレーニング(衝動のコントロール、思考・行動のトレーニング)
5.アンガーマネジメント流叱り方「あなたの叱り方、相手にきちんと伝わっていますか?」
6.チームビルディング「あなたの職場・チームで大切にすること」【ワーク(グループディスカッション)】

ワーク紹介

5.アンガーマネジメント流叱り方「あなたの叱り方、相手にきちんと伝わっていますか?」…自分の叱り方を振り返った上で、職場でよくある事例を検討し、望ましいと思われる叱り方を面談形式のロールプレイでやってみる。それに対して講師が評価し、改善点を指摘する。
6.チームビルディング「あなたの職場・チームで大切にすること」…研修参加の各人それぞれが大切にしていることについて話し合い(価値交換の学び)、その上で職場では最も何を大切にするかをグループディスカッションでまとめていく。

お客様の声

「アンガーマネジメントのトレーニング取り組んで、感情コントロールができるようになりたいと思います」
「全く異なる他人の立場でどのような悩みがあるかを理解できた」
「ハラスメントが発生する職場の特徴を自分の行動と照らし合わせ改善を図りたい」
「自分が不必要なことに対して怒りのパワーを使っていることに気づかされた。今まで非効率的でした」
「コミュニケーションがとれ、職場の風通しが良くなりそう」

講師からのメッセージ

鷹取 敏昭

TOSHIAKI TAKATORI鷹取 敏昭

働きやすい職場をつくると同時に、生産性・効率性の高い職場を実現させます。
パワハラのやってはいけないことの理屈の理解とともに、今大注目のアンガーマネジメントの感情をコントロールするスキルを身につけてもらいます。「理屈」と「感情」のセット研修が効果大。
単に講義を聞いて終わりではなく、ロールプレイやグループディスカッションを通した参加型の研修で、演習を通して個人一人ひとりのあり方の見直すとともに、職場におけるチームのあり方も考え直してもらいます。頭を使い、体も使う研修が終わったときには疲れ果てますが、身につきます。
厚生労働省委託「ハラスメント対策専門家派遣」事業の専門家であり、(一社)日本アンガーマネジメント協会認定ファシリテーターとして延べ400人超の受講者があり、「大変参考になった」84.8%、「参考になった」15.2%の高評価をもらっている人事コンサルタント・社会保険労務士の鷹取敏昭が職場を変えます。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png