部下育成のためのコミュニケーション研修部下が育つ「叱り方」「褒め方」研修 (1日)


こんな課題に対する研修です

パワハラという言葉が一般的になり、「叱れない上司」が増えています。また「褒めて育てろ」と言われても、なかなか実行できないという声もよく聞きます。しかし、本来「叱る」も「褒める」も、部下を育てていく上で欠かせないコミュニケーションであり、部下の成長を支援する行為。効果的に叱り、褒めることができれば、信頼関係を深め、部下の主体性を育てていくことにつながります。研修では、実践を交えながら学んでいきます。

対象者

リーダーや管理職など、部下や後輩のいる方。育てる立場にいる方。

研修の期待される効果

デフォルト画像

「パワハラになるのでは?」と躊躇して、上手く叱れない。
年上の部下をどう指導したらいいか?

デフォルト画像

改善に向けた叱り方をしたいと思った。
接し方のヒントが得られた。

研修プログラム例

1.オリエンテーション
①挨拶、自己紹介、ルール 確認
②何のために叱るのか?(叱る目的の再確認)
③心に残る上司、先輩、先生の叱り方

2.上司の意識で大切なこと
①コミュニケーションを取る前に
②信頼関係を築く聴き方

3.効果的な「叱り方」
①デモンストレーションと
ロールプレイ
②叱り方の留意点

4.意欲と行動力を生み出す
「褒め方(承認)」
①褒める、おだてる、認める
の違い

5.ケーススタディ
(事前アンケートに回答)

6.質疑応答、まとめ

お客様の声

・丁寧な研修で心打たれました。モチベーションが上がり、このまま会社に行って報告したいと思います。
・内容がとても具体的で、今日すぐにでも帰って実践してみたいことばかりです。グループワークが多かったのもありがたかったです。
・叱っているつもり、褒めているつもりになっていたので、具体的に必要なことを教えていただき大変勉強になった。

講師からのメッセージ

法貴 かおり

KAORI HOUKI法貴 かおり

研修の目的は「講師の話を理解すること」「知識を得ること」だけでなく、受講された方が学んだことを実践し、「現場(職場)が良くなること」です。「よし!職場に戻ってこれをやってみよう!」という気持ちになっていただくために、楽しく前向きな気持ちで学べる場作り、「気づき」「体感的な理解」が得られるワーク、「そうそう!」「あるある!」と感じられる事例での説明を大切にしています。また、グループディスカッション等を通して、受講者同士の交流からも学びが得られるように心がけています。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png