自分らしいキャリアを自由にデザインしてみよう自分の強みや価値感の源泉を知り、市場で通用する人になる 8時間×1日(4時間×2日など分割および時間短縮や、フォローアップも含めた2日間バージョンの対応も可能)


こんな課題に対する研修です

人生100年時代と言われ終身雇用が難しくなった現在では、キャリアは会社が与えてくれるものではなく、自分自身が自主的に考えるものです。しかし実際には、そもそもキャリアとは何かがわからない、自分でどうやってキャリアプランを考えていいかわからないという人が少なくありません。また上司も部下のキャリア支援ができず、適切に人材育成ができていないことも多いです。「自分らしいキャリアを自由にデザインしてみよう」では、過去の自分自身の経験から自分の強みや価値感を探りながら、ありたい姿とそれを実現させるための最初の一歩を踏み出す計画を作ります。
左脳を使って論理的に考えるだけではなく、右脳を使った感覚のワークも交えることで、内省をより深めることができます。

対象者

社会人5年目〜10年目ぐらい

研修の期待される効果

デフォルト画像

・自分が何をやりたいのかわからない。
・「キャリア」と言われてもピンとこない。
・なんとなく会社で仕事をしているけれど、成長実感がなく、このままでいいのかモヤモヤしている。
・社員には「キャリア自立」をして欲しいが、どのように支援してよいのかわからない。

デフォルト画像

・自分が仕事をする上で大切にしている価値感がわかる。
・自分の「在りたい姿」とそこに向かうために、まず何をすればよいのかが具体的にわかる。
・会社の中で自分の強みをどのように活かせば良いかがわかる。
・最初の一歩がわかるので、自主的に行動でき成長実感を得やすくなる。
・社員の価値感、強み、目指したい方向が明確になることで、適切な人員配置やジョブアサインができる。

研修プログラム例

1.そもそもキャリアってなんだろう?
キャリアとはどういう意味か。人生100年時代と言われている中で、自分のキャリアを考えるとはどういうことか、そのためにはどんなステップを踏む必要があるのか、キャリアの基礎を学びます。

2.働く上で自分が大切にしている価値感を知る
自分でキャリアを描くために自分自身がどんなことを大切にしているのか、自分の強みはどこにあるのかを振返ります。
【ワーク】ストーリーテリング
 ・あなたが、一皮むけた経験はなんですか?
 ・シェアリングおよびフィードバック
 ・改めてあなたが大切にしたい価値感は何か?
【ワーク】今の自分を見つめてみる
 ・今の自分の状態はどんな状態?
 ・それは客観的な事実ですか?それとも感情ですか?
 ・「今の状態」を見返した時に、どんな感情がわきますか?
 ・ワークの意図の説明

3.【ワーク】未来の「ありたい私」を描く
過去の自分の経験と今の自分を状態を見つめ、そこから湧き上がってくる自分の思いを踏まえ、未来の自分は「どうありたいのか」を描きます。左脳ではなく敢えて右脳を使うことで、表面には出てこない自分の心の奥底の気持ちに向き合います。
・レゴもしくは粘土を使い「ありたい姿」を表現する
・ペアもしくはグループコーチング
・感想のシェア

4.【ワーク】「ありたい私」になるための行動計画書作成
「どうありたいか」を描いても、行動しなければ何も変わりません。次の日からすぐに行動するための最初の一歩を作成し宣言します。
・「私は●●をめざします」
・そのために障害となること、必要なサポートは何か
・今ある資源(ヒト、モノ、カネ)で活用できるものはあるか
・まず、何から取り組むか。そのために明日何をするのか
・グループ内宣言

ワーク紹介

個人ワークだけではなく、ペアワークやグループワークを通じて、他者からのフィードバックを積極的に受けるようにします。他者からのフィードバックを受けることによって、より自分自身を深く知ることができるようになります。
またキャリア系のセミナーでは、ライフラインチャートやカードを使ったワークなど、左脳を使って「考える」「話す」ものが多いですが、本講座ではレゴや粘土といった右脳を使ったワークも取り入れることで、深層心理に隠されているものを見える化していきます。

お客様の声

・自分はやりたいことがなかったと思っていたけれど、そうではなく自信がなかったり、スキルも力もないのに「やりたい」と言ってはいけないと思いこんでいたことに気づきました。
早速やりたいことを周りに話したところ、その事に精通している人を紹介してもらえることになり、自分のやりたいことを周りに伝えるのが大事だと言うことがわかりました。これからはもっと積極的に自分のやりたいことを色々な人に伝えていきたいと思います。

・これまで自分のキャリアを振り返っても、やってきたことを淡々と書き出すだけで、経験をどうやって活かせば良いのかわからないことが悩みでした。今日のワークで、これまでの経験を違った視点から見ることができ、さらに他の参加者からフィードバックをもらうことで、はじめて自分の強みや好きなことを認識できました。
これからも、このワークをどんどんやっていきたいです。

講師からのメッセージ

古賀 ちぐさ

CHIGUSA KOGA古賀 ちぐさ

終身雇用崩壊、副業解禁、人材の流動化など、働き方に関するニュースがたくさん流れていますが、実際には日々の仕事に追われ、自分自身のキャリアについてじっくりと考える機会を持つことが難しい状況です。2級キャリア・コンサルティング技能士として、クライアントのコンサルティングをしていると、「このままでいいのかな」「何かしなくちゃいけないとは思うけれど、どうしていいか分からない」という人が、とても多いと感しています。
本講座では個人ワーク中心で、堅苦しい内容になりがちなキャリアセミナーを、レゴや粘土などを使ったり、シェアリングを多く取り入れることで、真面目な内容でありながら楽しく学び、翌日からすぐに行動できる内容にしています。
組織開発で使われる手法も取り入れるているため、研修後、自組織の活性化にも使うことができます。また、最後に作成する行動シートを人事や上司が共有すること(本人の同意は必要)で、育成計画や人員配置に役立てることができます。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png